東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は日曜日。



夕べの間に村からフィレンツェへ行くバスの時間は確認済み。


朝7時33分
午前10時46分
夕方16時40分


この三本のみ。
平日はもっとたくさんあります。





早起きして、次の町には午前中に着けるように7時33分のバスに乗るつもりだっだけど、
レセプションが開いてなくてチェックアウトがスムーズにできなかったので
バスに間に合わなかった。


仕方ない。
じゃあ、次のバスで行こう。





10時半前からバス停で待機。
私以外にもアメリカ人の女性と、欧米人カップルがバス待ち。


昨日のように、バス来ないとかないよね・・・






バスが来る時間になった。





・・・・・・・・・・。




あれ、来ないし。









30分経過





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






あれ、来ないし。










欧米人カップルはヒッチハイクを始めた。


アメリカ人女性はあきらめて帰って行った。


私は・・・








次の町の宿も予約済み、前に進むしかない。
フィレンツェに行って、電車に乗らないと次にいけない。


やりますよ、やりますとも!
ヒッチハイク!!!!!







とはいっても、ヒッチハイクなんて、人生でこのかた、やったことないです。

南米でも、アメリカですらやったことないです。




出会った旅人の

「ヒッチハイクはね、簡単だよ。行先書いた紙を持って、親指立ててればいいんだから」

その言葉がよみがえる。





欧米人カップルと一緒にいても
私はバックパックがあるからこんな大人数絶対無理だと思ったので、
別の場所に行ってやった。






ノートに『FIRENZE』って書いて。
親指立てて。
通る車にアピール。



とーまーっーてーぇーーーーー



みんな車の窓越しに
「No~」
といって通り過ぎていく・・・。




暑い・・・




一台の車が止まった。

フィレンツェ行くの??と、目をキラキラさせて聞いてみたら





「ダメダメ。こんな町の中でヒッチハイクしたって、フィレンツェ行の車は見つからないよ」
そういって村の外の国道的な通りまで乗せてくれた。




オリーブ畑の間の道でヒッチハイク。


でも、なかなか車が通らない。






待っているだけじゃダメ。
自分もフィレンツェ方面へ歩いてみた。
フィレンツェまでは30キロ。

町の分岐点を越えればフィレンツェ方面の車が増えるはず。





行先見せて、親指立てて。






何台も車を見送り、

炎天下の中、ヒッチハイクを続ける。

日曜日、三本しかないなら、それくらいちゃんと運行しろよっ
とバスにイライラしつつ。






何台も車を見送り、


キキィーーーッ!






・・・あ。停まった・・・。



今、停まったよね、この車、ヒッチで停まったよね・・・?
びっくりして目が点。



「フィレンツェ行きたいの?フィレンツェまではいかないけど途中までなら乗せてあげるよ」



運転していたイケメンのパパと後ろに乗ってた未来のイケメン。



まじ!!!???
やったーありがとう!!!





途中の分岐点まで乗せてもらい、


またヒッチハイク。


行先見せて、親指立てて。

フィレンツェまで16キロ。







また何台も車を見送り、

めげずにヒッチハイク。

『ヒッチハイクは辛抱が大事』
そんなスローガンが見えてきた(笑)。





バスもまともに運行できない国でヒッチハイクしてうまくいくのだろうか・・・







と思った矢先、


キキィーーーーーーーッ





・・・あ。車停まった。まじ?





フィレンツェ行くの?

「そうだよ、乗りな。」



うそ!!!



推定38歳の寡黙なイタリア人の兄さん。
道をビュンビュン飛ばして、あっという間にフィレンツェの駅まで送ってくれた。










初めてのヒッチハイク、
こんなにうまくいくとは思ってませんでした。

ヒッチハイクを始めてから2時間後には目的地着いてました。
バスで行くのと1時間しか時間差ありませんでした。





イタリア人、やさしい!!!

けど、狐につままれたような気分です。





日本でヒッチハイクしてる人はほとんど見ないし、
そういう人を見かけても、ちょっと好奇の目で見るだけで通り過ぎてたけど、
今回ヒッチハイクしてみて、


ヒッチしてる本人は、かなーり必死


ということがよくわかった(必死だし初めてだから写真すら撮るの忘れた)。

バスがちゃんと来るまで安全に待つことも選択肢の一つかもしれないけど、
そう言い切れない場所や時間やシチュエーションもある。


ヒッチハイクの価値観がちょっと変わった。
スポンサーサイト

[2012/08/13 06:20] | イタリア
トラックバック:(0) |


トモコ
ヒッチハイク成功おめでとう!
ちゃんと目的の場所まで行けてよかったよ…
善きドライバーに感謝!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫トモコ

ありがとう。
ホント、ドキドキしっぱなしだった。
変なところに連れて行かれなくてよかった。
そのリスクも含めてヒッチなんだってわかったよ

すごい!!おめでとう!!
ひろりん
久しぶりに覗いてみたら、
結構イタリアで波瀾万丈だね。
無事到着できておめでとう。

といいつつ、
コメント読んでたら、
ヒッチハイク→必死ハイク。。。。。
(オヤジ変換ができてしまった)

Re: すごい!!おめでとう!!
えみりあ
≫ひろりんさん

ありがとうございます。
ほんと、『必死ハイク』でしたわ。あはあは


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ヒッチハイク成功おめでとう!
ちゃんと目的の場所まで行けてよかったよ…
善きドライバーに感謝!
2012/08/14(Tue) 22:10 | URL  | トモコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫トモコ

ありがとう。
ホント、ドキドキしっぱなしだった。
変なところに連れて行かれなくてよかった。
そのリスクも含めてヒッチなんだってわかったよ
2012/08/15(Wed) 08:04 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
すごい!!おめでとう!!
久しぶりに覗いてみたら、
結構イタリアで波瀾万丈だね。
無事到着できておめでとう。

といいつつ、
コメント読んでたら、
ヒッチハイク→必死ハイク。。。。。
(オヤジ変換ができてしまった)
2012/08/18(Sat) 18:56 | URL  | ひろりん #-[ 編集]
Re: すごい!!おめでとう!!
≫ひろりんさん

ありがとうございます。
ほんと、『必死ハイク』でしたわ。あはあは
2012/08/20(Mon) 07:17 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。