東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンヌ・フランス発、7時15分。
フランクフルト・ドイツ着、翌6時15分。




24時間もかかるバスなのかー。長距離バス久しぶり(わくわく)。
食料もしっかり買い込んで準備万端!!









と思いきや、このバス、直通じゃないのね。
チケットに『パリで乗り換え』って書いてあった。








昼過ぎに着いたパリのバスターミナルでフランクフルト行きのバスの時間を聞くことにした。


えみりあ「こんにちは。英語話せますか?」
係員「ええ、もちろん」
え(チケット見せながら)「フランクフルト行きのバスは何時ですか?」
係(ちらっとチケット見て)「出発は朝よ」
え「えっ、どういうこと?」
係(別の係員とベラベラおしゃべりはじめ、ゲラゲラ笑いだす)
え イラッ!!!「ちょっ!人の話きいとるんか、コラ!!!」←日本語
係「出発は朝なの!」
え「だから、どういう意味なの?もう一晩待つんですか?」
係「・・・。あなた、英語しゃべれるの?」






カッチーーーーーーーン!!!!!



え「あなた、フランス語、読めるんですかっ?」








バスチケットには


レンヌ発、フランクフルト着
出発時刻7時15分
パリで乗り換え


って書いてあって、それはフランス語が読めない私でも理解できる。
しかもそのチケットを発行してもらったのは、
一週間ほど前の、このパリのバスターミナルの同じ窓口のこと。





どーして私が、そのチケットに書いてある内容を、
扱っているバス会社の人に説明してあげないといけないんでしょーか。




意味不明です。






っていうか、ベラベラおしゃべりして、ゲラゲラ笑って、人の語力疑う前に、
自分の仕事しろよっ
チケットにしっかり目を通すなり、人の話をしっかり聞くなり
情報収集の方法はいくらでもあるはず。




これは先進国とか、サービスとか以前の問題であるような気がするのは私だけどしょうか。
世界のパリに期待しすぎたのかな・・・。


多少、これまでの旅で、サービスの低さには免疫がついていたはずだったのに、
もちろん「すみません」の一言なんて初めから期待していない。

ヨーロッパではそれほど対応にイライラさせられることはなかったのにな。



・・・



いや、やっぱ変だよ。







久々にむかついたので、勢いに任せて書いちゃいました。




それはそうと、ドイツ人がちょっと苦手です。
今まで出会ってきたドイツ人旅行者の英語が、ネイティブの人以上に

ペラペ~ラ
ペラペ~ラ


何を言っているのか聞き取れましぇーん。


おまけに今まで出会ってきたドイツ人旅行者の8割に

「アンタ、英語もできないのによく旅なんかしてるね」
って言われたり、態度取られたり。

なので苦手意識がぁ・・・。





っていいながらドイツ入国なので、こくふくしたいです。
スポンサーサイト

[2012/07/29 06:49] | フランス
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。