東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンシアと言えば『バレンシアオレンジ』。

そう、バレンシアオレンジのふるさと、バレンシアにやってきました。

バレンシアオレンジってスペインだったんだね、知らんかった。





バレンシアでの生活は、ホントに楽しいもので。
2泊のつもりが、4泊もすることにしちゃいました。


それはやっぱり、バレンシアがステキすぎたから。

住みたいと思うくらい。



グラナダのように大きな見どころはないし、
マドリッドのように大きな街でもないけど、
ここには今までのスペインではなかったことがたくさんあった。




海に面しているこの町は、
魚介類が新鮮で豊富。
それは多分、今までに見た市場の中でも最強だと思う。
けど、貝類は、他の町から運ばれてくるものばかりらしいけど(笑)。
P7070010.jpg

P7070011.jpg


あとは、気候がいいこと。
冬でも温暖だし、
今の時期、30℃超えるけど、風もあるしすごく過ごしやすい。
久しぶりに『雲』を見たよ。
夜は少し蒸し暑いけど、扇風機があれば問題ないし、ちょっと日本ぽくて好き。

おいしいものと言えば、バレンシアオレンジと、パエリアのふるさと。

スーパーに行けば、コストパフォーマンスと種類と新鮮さを考えれば、
たぶんリスボンと肩を並べられると思う。
もしかしたら上を行くかも。

何より、素敵な出会いがたくさんあった。








今回は、パエリアの話。

グラナダにいるとき、ボリビアのラパスで出会ったヒロくんと道端でばったり再会。
私がこの後、バレンシアに行くことを話すと、
あるバレンシア在住のスペイン人夫婦を紹介してくれました。

彼らとコンタクトを取り、会ってくださることに。
そして、パエリアのおいしいお店に連れて行ってくれました。


バレンシアの町から車で20分くらい。
郊外の湖に浮かぶ島のレストランでお食事。

彼らがオーダーしてくれたのがこちら。
P7070031.jpg


バレンシア地域では最もポピュラーなパエリアだそうです。

私たちのいうパエリアって、だいたい、
ムール貝に、エビに、イカのパエリアだけど、これは違う。




ガチョウに、ウサギに、かたつむり!!!!!



こんなパエリア見たことないよーーー




ちなみにかたつむりは、バレンシアでも生では食べないそうです。







さて、お味は・・・











おいしいよーーーーーーーーーっ




塩もダシもきいてます。


でも、聞くところによると、
パエリアって、スパイスは、塩とサフランだけで、コンソメや他のものは一切入れてないそうです。
出汁は具材から出るみたい。

っていうか、塩だけでこの味ですか!!!
信じられません。




そして、おこげがおいしい。


日本で食べるパエリアって、黄色い洋風の炊き込みご飯みたいだったけど、
全然違う料理。





食べてみて
日本と文化の相違を感じたのは お米。


お米自体は日本米に近いけど、炊き方が全然違う。
水は米の3倍使うし、鍋の形も違うし、ふたも使わない。

あとね、

米はアルデンテ!!!!


日本はパスタはアルデンテだけど、米は芯があったらだめじゃん。
けど、ヨーロッパは逆なんですね。




そんなパエリアの話には続編があります。
そのうち書きます。乞うご期待!!
スポンサーサイト

[2012/07/09 01:51] | スペインその3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。