東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインのグラナダと言う町、ここに世界遺産に登録されたアルハンブラ宮殿があります。
ここはイスラム帝国最後の城と言われているところ。


スペイン三大見どころの一つ(←勝手に決めた)。
ちなみに、他の二つは、サグラダファミリアとパエリアね。どちらもまだ体験してないけど(笑)。







予約チケットを持っていなかった私は、
朝6時に起きて、
イスラムの王様に失礼のないようにおしゃれして
宿を出発。


おかげで朝7時半に宮殿の前に到着し、
王様に拝謁するためのチケットを手に入れることに成功。





たっぷり堪能してきました。


P7040219.jpg

P7040233.jpg

P7040235.jpg

P7040241.jpg

P7040242.jpg

P7040243.jpg

P7040322.jpg

P7040254.jpg

P7040264.jpg

P7040288.jpg

P7040308.jpg

P7040281.jpg

この素晴らしい眺めに感動。


ここの景色を見られる場所にもう一度入ろうとしたら、
「あんた、もう一度入っているなら、二回目はダメ」
といって入れてくれなかった。
しくしく。



たっぷり5時間、ゆっくり堪能してきました。


イスラムの王様って、いいとこに住んでるね!!

けど、昔も今も、その美しさを維持するために忘れてはならないことがある。
彼らの存在を。

P7040333.jpg

P7040267.jpg



美しさもさることながら、
マチュピチュの時もそうだったけど、
ほろんだ一国がこのような形でほぼ完ぺきに残っているというのは、すごいことなのです。
教科書で歴史の勉強をしているだけでは絶対わからないことが、
ここにはあるのです。
今にまで、このイスラム大帝国の力を見せつけ、
それをこのような形で現存していることこそがすごいことだと思うのです。

江戸城を皇居として使っている日本もそうだけど、
過去の一国の力を、
すべて跡形もなく破壊することもできるのに、
このように残し、うまく活用できる新国の懐の大きさも感じるのです。
利用と言う言い方もあるけど。
スポンサーサイト

[2012/07/06 02:53] | スペインその3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。