東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この旅に出てからしばしばいわゆる『へんなもの』を食べてます。





アメリカでは、ザリガニを食べたし、
P9200840.jpg




ベネズエラでは、蟻のジャムを食べた。
PA232962.jpg




ペルーやボリビアでは、リャマやアルパカも食べた。
P2260251.jpg




日本でも蜂の子とか、イナゴの佃煮とか、機会があれば食べたし、大好き。
ただ、高いんだよね。











『ゲテモノ』といっても、我々が普段食べる機会がないからそう思うのであって、
外国では、刺身こそがゲテモノって思われる国もあると思う。





現地の人が食べているものは食べてみたいし、
人が食べているものであれば、よっぽど死ぬことはないと思う。
免疫がなくて体調崩すとかはあるかも知れないけど。









リスボン最後の日、
地元のおじさんでにぎわうバル(立ち飲み居酒屋)に入ってみた。
そこで豚肉サンドを食べおわり、店を出ようとしたとき、
後ろのテーブルの夫婦が何か食べていた。



貝のような、でも貝とは違う、シジミくらいの丸いもの。
皿に山のように盛られてる。

P7030163.jpg




「それ、なぁに?」って聞いてみたら
ポルトガル語で教えてくれたんだけど、その単語、私の数少ないボキャブラリーにはありません。
「わかんない・・・」って言ってたら、
店の端っこに掲示してあった一枚の絵を指された。







はっ!!!!

これはまさかの・・・・











かたつむり・・・・・・・・・????









P7030164.jpg

食べてみろ!!!と勧められるまま、たべてみた。





2センチくらいの小さなでんでんむしちゃんたち、
白ワインで煮込まれて、
殻から顔を出して、口も空けてござります。


P7030166.jpg


つまようじでサザエを食べるようにくるくる回しながら殻を外して、


P7030167.jpg










ぱくん。









あれ、美味いじゃないか!!!



ほのかにほろ苦い、貝のような食感。

ビールか白ワインが合いそう。





おばちゃんがこれを無心になって食べるのか理解できる。





もっと食べろと言われるままに、
私も夢中で20~30個くらい食べちゃった。








普段、食べない生き物を食べるとき、
いつも以上に食に感謝し、命を頂いている自覚が生まれる。







おばちゃんたちに、
「日本では、かたつむりは食べてないよ。数も多くないし、見るだけ。」
っていうと、






「えぇえっ!!???こんなにおいしいのに!!!」



と、秘密のケンミンショー並みに驚いてくれました(笑)。







そういえば、かたつむり、生きた状態でお酒につけて酔わせた状態で、
生で食べるような食べ方もあるらしく、
機会があればそれも食べてみたいなー。
スポンサーサイト

[2012/07/04 01:20] | ポルトガル
トラックバック:(0) |


トモコ
こつぶなカタツムリやねー!
日本のでかくて、ちょっとグロいやーんΣ(=ω= ;)
口開けてるのなんて…言葉では言えん…

でも、サイゼリアにメニューにあるよねー
食べたことないけど、見るたび味が気になる…

Re: タイトルなし
えみりあ
≫トモコ

日本のカタツムリ、おいしくなさそうやよね。
サイゼリのやつ!!そういえば食べたことあるような気がしたけど、普通にニンニクバター味でよくわからんかった気がする。
食べてみてー
普通だよ(笑)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こつぶなカタツムリやねー!
日本のでかくて、ちょっとグロいやーんΣ(=ω= ;)
口開けてるのなんて…言葉では言えん…

でも、サイゼリアにメニューにあるよねー
食べたことないけど、見るたび味が気になる…
2012/07/19(Thu) 22:09 | URL  | トモコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫トモコ

日本のカタツムリ、おいしくなさそうやよね。
サイゼリのやつ!!そういえば食べたことあるような気がしたけど、普通にニンニクバター味でよくわからんかった気がする。
食べてみてー
普通だよ(笑)
2012/07/21(Sat) 04:30 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。