東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと早くにこのシリーズを立ち上げとけばよかったんだけど、
だって、ハワイのこの木何の木も、
ダラスのシックスフロアも、
メキシコのチチェンイツァも、
もちろんペルーのマチュピチュも
この類だったんだし・・・。





私が都市伝説好きっていうのは以前も書いたけど、
いわゆる、『フシギ』が好き。
『キセキ』も含まれるかな。


やっぱり、宗教関係はそういうフシギやキセキが多い気がする。







『ファティマの軌跡』ってご存知?



今から百年くらい前の話で、
3人の子供の前に聖母マリアが現れて、
三つの予言をしたそうです。

詳しくはウィキペディアで調べてください。





そんなキリスト教の聖地、ファティマに行くことが私のあこがれでした。






ファティマはリスボンからバスで1時間半。


世界的に有名な聖地であると同時に観光地でもあり、お土産屋がひしめき合ってました。
P6290069.jpg














P6290052.jpg

P6290050.jpg


まず、空気が違う。
聖堂に入る前なのに、空気が全然違う。
神聖な場所であることを肌で感じた。

聖堂前の広場に立った瞬間からずっとずっと鳥肌が止まらなかった。



ミサも頻繁に行われているようです。





大聖堂に入った瞬間、息をのんだ。
正面に飾られた宗教画は、今までの教会で見たものの中で一番迫るものがあった。
言葉では表現できない。

P6290060.jpg




シンプルかつ美しい聖殿だけど、
すごくすごく信仰を感じて、ここが聖地であることを強く感じた。
多くの人は、信仰でここに来るのだ。

ろうそくの灯は絶えることなく、
大聖堂までの長い距離を跪いて進む人もいる。
今までの教会と大きく違うのは、
キリスト教の聖地として、多くの宗教者・修道女が訪れていること。
観光の側面よりも、信仰の側面の方がはるかに強いこと。

P6290063.jpg

まさにこの場所で聖母が現れ、奇跡が起きたのだと思うと、
感慨深い。
キセキの場所に立っているんだ!!!!









その後、ファティマの軌跡のシーンを人形展示で説明しているミュージアムに入ってみた。

入ると、



そこはまさにお化け屋敷。


真っ暗な一本道にシーンごとに照らしてくれる展示があるんだけど、

正直、めっちゃ怖い。

P6290065.jpg










キセキと言えば、
バスターミナルに行くためにメトロに乗ろうとしたら、
小銭も小さいお札もなくて買えず、こわしに行こうとしたら、
アフリカ系フランス人の黒人のお兄さんがチケットを買ってくれました。

すごくうれしかった。
やさしさに感謝。
スポンサーサイト

[2012/06/30 06:06] | ポルトガル
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。