東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリビアのラ・パスを出て、ペルーのリマへ向かいました。
着いたらいつものようにリマの宿にチェックイン
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・の、はずが、
リマ到着3時間後には『カハマルカ』という町に向かうバスに乗り込んでました。





ラ・パスからリマに向かうバスの中でガイドブックをパラパラ見ていたら
『インカ帝国最後の皇帝が入っていた温泉がある』
よくよく読んでみると、
『個室の浴槽あり、湯量の調節可』
こりゃ、行くしかない!!!



というわけで、カハマルカまでは長距離バスで一晩。

単位が『一晩』とか『一日』とか、
サラッと言えるようになったなぁ。






旅が始まってもうすぐ6か月。
『温泉』とか『浴槽』とかに入ったのは
つまりお湯に浸かったのは
2回。
ウシュアイアのドラム缶風呂と、南極の温泉(あ、これは波打ち際にうずくまってただけだから温泉に入ったとは厳密には若干違う気も・・・)。
あ、でも、アジアとか中東とかの地域ならもっと縁がないかも。


宿のお風呂は基本シャワー(時には水シャワーや川の水もあったなぁ)なので、
こんな機会はめったないのです。






ペルーということで、多少の不安は残しつつも
『温泉』という響きに最大限の期待を胸に、行ってきました。



が・・・
そこは・・・





日本とは違った意味の







『スーパー銭湯』=『温泉ワールド』



こんなオブジェ
DSC03902.jpg



湯畑はあっても温泉卵なし。
DSC03915.jpg



ちゃんとボコボコしてます
DSC03911.jpg



こんなよくわからない空間に
DSC03903.jpg



噴水の水もお湯。
DSC03929.jpg



プールもあり。
「あったかいよー」と子供たちははしゃいでました。
DSC03930.jpg




ここのメニューは
個室浴以外に、サウナ、家族浴室(少し大きいのかな)、マッサージ、見学(笑)など。

私は個室浴をチョイス!!


DSC03918.jpg
ここのシステムは、こんな長屋のように風呂が並んでて、
風呂が空いたらおっちゃんが浴室を掃除してくれ、
自分でお湯をためて入るというかんじ。
順番制・交代制・時間制限なし(でもドア叩かれる(笑))。

私が順番を待ち始めた時、私の前に30組が順番待ちしてた。

けど、意外と早く入れたかな。
日本のように、大きな浴槽に大勢が入るという仕組みではなかったです。
やっぱり、海外。

順番待ちしてた時に、遊んでくれた現地の子たち。
日本人が珍しいのか、写真攻撃に遭いました。
DSC03909.jpg



いよいよ、順番が来て、浴室へ!!

中はこんな感じ。
DSC03921.jpg

シャンプー・タオル・シャワー・洗面器等、
一切なし!!!
ただっ広い浴槽と洗い場のみ。

けど、この広い浴槽を独り占めできるのは、
やっぱり最高!!!



水色は、若干黄色っぽかったのは、
泉質ということにしておこう。
効能とかもイマイチ分からん。
あるのかどうかすら、分からん。

いやー
お湯に浸かるのはいいねぇ。
思わず、演歌熱唱しちゃったよ~

極楽、極楽~




順番待ちしてた時に、一緒に順番待ちしてた現地の老夫婦に聞いてみた。
えみりあ「日本では温泉には、温泉卵や温泉まんじゅうってのがあって」
老夫婦「うんうん」
えみりあ「まんじゅうってのは、パン(みたいなの)に豆が入ってて」
老夫婦「うんうん」
えみりあ「ここにはショップとかないの?」
老夫婦「ソパ(スープのこと)はあっちのレストランにあるよ」
・・・。
スープ、いらないっす。
ここには、温泉卵も、温泉まんじゅうもないようです。
やっぱり。


そのかわり、
外の露店では水着売ってました。
DSC03939.jpg




そして、風呂上がりのコーヒー牛乳・・・
などは当然なく、

温泉前の屋台で売ってた砂肝串を食べました。
スポンサーサイト

[2012/02/22 16:22] | ペルー
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。