東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何とも素敵な響き。
なんて優雅な響き。
『世界遺産を眺めながらの移動』ですって。



イグアスを後にして、なんと40日ぶりの長距離バス移動です。
バスチケットの買い方とか、
長距離バスの乗り方とか、
車内に持ち込む荷物の準備とか、
忘れてないかしら???



今回の移動の旅は、
イグアスからウマワカ渓谷を通ってボリビアのラ・パスへ抜けます。
ウマワカ渓谷は世界遺産にもなっている、素敵な景色が楽しめるそうです。
日帰りのツアーもあるそうですが、
どうせなので、途中の町で宿泊しつつ、ローカルバスで国境まで行ってしまおうという作戦に出ました。


プエルトイグアス
  ↓
ポサダス
  ↓
サルタ
  ↓
サン・サルバドール・デ・フフイ

一泊二日のバス移動、この辺で宿を取ろうかと思っていたけど、
まだ昼前。
体力的にもまだいける。
標高的にもまだいける。


そう、これから挑むのは『ア・ン・デ・ス・山・脈』
つまり、いよいよ、高山病との戦いが始まるのです。
メキシコシティーの熱と腹痛がよぎる・・・。
ボゴタの食欲不振がよぎる・・・。



でも今回は違います。
かの有名な高山病薬・ダイアモクスを持っているのです!!!
そして、いろんな旅人さんからいただいた知識。
これは強い味方だ!!


 
  ↓
サン・サルバドール・デ・フフイ(標高1259m)
  ↓
プルママルカ(標高2100m)


今日はここまで。





ところで、その世界遺産のウマワカ渓谷ってなんなのかっつーと、

フフイからボリビアの国境へ向かう道中、国道沿いの渓谷を通っていきます。
アンデスだからね、標高4000mとか平気で超えるところとかあるし、
とにかく、渓谷です。
その渓谷がなぜ世界遺産化というと、



プルママルカの町でそれを堪能できました。

DSC03591.jpg

DSC03617.jpg

DSC03654.jpg

DSC03741.jpg

DSC03764.jpg

DSC03780.jpg




カラフル渓谷。
虹色渓谷。
桃源郷だわ。

ステキ。


土産物屋しかない街だけど、ステキ。
ここは外国人よりも、アルゼンチン人が休暇を利用してきてる人が多かった。

何故こんなカラフルなのかっていうと、
鉱物の関係だったりするようですが、その辺はウィキペディアでよろしく。
地層や鉱物に興味がある人だったら、もっと面白いんだろうけど、
景気眺めてるだけで十分満足。


ただし、結構もろいです。
手をかけるだけでぽろぽろ崩れてくるし、
岩肌に登っていた人が転げ落ちて、下に生えてたサボテンが頭に突き刺さってました。
正確には髪の毛に絡んでたのかな。
サボテンのとげはつまようじそっくりだったし。
危険危険!!!



翌日の移動は、
プルママルカ(標高2100m)
  ↓
ウマワカ(標高2939m)

の予定でしたが、


ええいっ!!行ってしまえっ!!!という危険発想と、
プルママルカで十分渓谷の美しさは堪能したつもりでいたので、
結局そのまま。
プルママルカ(標高2100m)
  ↓
ラ・キアカ(アルゼンチン側国境・標高3450m)
  ↓(徒歩)
ビジャソン(ホリビア側国境)
  ↓
ラ・パス(標高3650m)

と行くことに。
もちろん、バスなので、二日かかって。



来ました、3000m越え!!!



この日の移動で利用したバスすべて
飯なし・トイレなし・暖房なし
『3ナシ』バス!!
もちろん、道は悪いし、遅延もする。

特にビジャソン→ラパスのバスは、寝袋にくるまってても夜中に凍えそうになった。


そんなバスなので、高山病対策としてのダイアモクスの服用はできたとしても、
水分取れませーん。
摂ってないのに、トイレだけは行きたくなって、
常に尿意との戦い。
バスは2~3時間おきにしか停まってくれないし、ナチュラルトイレだし。
あぁ、南米やなぁって究極に思えてきたと同時に

この旅始まって以来、最も辛かったバス移動に認定。
おめでとう~



ちなみに、ラ・パス(標高3650m)まで4日かけてのバス移動。
到着後も現在も、高山病と言われる症状は出ておりません。
ダイアモクスを気が向いた時に飲む程度で、
コカ茶も、頭痛薬も、胃薬も、下痢止めにもお世話になってません。
水も全然多飲してないし。

ただ、やっぱり高地なだけあって、すぐに息切れします。
ぜーぜー・・・。
スポンサーサイト

[2012/02/16 23:23] | アルゼンチン
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。