東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、連休明けの明日(9月9日)にはビザが切れる。






現在地は麗江。


北に戻れば、確実かつ翌日には手続きが完了する『香格里拉』

南に向かえば、3日程度かかるが、見どころも多く進行方向的にも都合がいい『大理』

もしくは、ここも三日程度かかる、見どころが多いがツーリスティックな現在地『麗江』





麗江から香格里拉に行くのも、大理に行くのも、2~4時間かかり、
手続きに失敗しその日のうちに移動して別の町で再手続するのは困難。



ここ数か月、大理や麗江では、ビザ延長ができたり、できなくなったりと情報がかなり流動的だということを、金曜に香格里拉を出てから知った。




一発勝負の身としては、変な冒険心は必要ない。
確実に延長できるところに行きたい。



もしオーバーステイしたら、一日につき、400元とも、500元とも、100ドルとも言われている。





勘弁してぇ~~~~







濾沽湖から麗江に着いたのは夕方7時半。
もう大理にも、香格里拉にもその日のうちに行くことはできない。
大理行の電車はあるにはあるけど、着くのが夜中になってしまう。





とにかく麗江で一泊し、






翌朝私は、







香格里拉に戻ることにした。







それが最善だろう。

確実にでき、このあたりでは最短日数で手続きが完了する。






金曜日に香格里拉で延長手続きしてもよかったけど、

土・日・月曜日と三連休をこのエリアで過ごすのはやめた。

もちろんここにだって魅力的な場所はいっぱいあるし、
行ってみたいところはいっぱいある。



そういって週末に香格里拉を出て濾沽湖に向かった。
でもそのあとに麗江や大理での延長が私にはリスクが大きいと分かったけれど、
そのときは、修正をきかせるだけの余力があった。





だから、香格里拉に戻った。










昼に香格里拉のバスターミナルに着き、
以前泊ったのと同じユースにチェックインした。

昼休み明けの時間に合わせて公安の総合官庁に行き、
宿泊証明書を発行してもらう。


まわりの中国人たちは我先にと順番関係なしに窓口にかじりついていたけど、

窓口のお姉さんに英語で話しかけたら、
めっちゃ笑顔で優先的に対応してくれた。

ナイス。




それから、市バスに乗ってビザオフィスまで向かう。


金曜に行っているから、手順も道のりも分かっている。



バスの中で、彼らもビザの延長するというイスラエル人カップルに出会い、一緒に向かう。









ビザオフィスの窓口にいき、延長したいと申請する。








と、









英語で、何やら想定していなかった言葉が返ってきた。




すんなり手続きができると思っていた私は、理解に苦しんだ。

3回くらい聞き直してしまったよ。






『現在、ビザ発行に必要なビザシート(パスポートに貼るシール)がないから時間がかかるよ。
来週の月曜か火曜にしか発行できない。』









は?


何言ってんの?


意味わかんないんだけど。






『ビザシートがないと印刷して君に発行することができない。
今、省都の昆明から取り寄せているところだ。

でも、君のビザは今日で期限が切れる。
もし他の町で手続きしたかったらそれでもいいけど、今日はきっと間に合わないね。
一日の不法滞在につき、500元の罰金が必要だ。』






金曜に来た時には、ビザシートの在庫がないなんて言われていないから、
かなりタイミングが悪い。





じゃあ、香格里拉で延長の申請して、他の町で受け取るってことはできないの(無理だろうけど)?





『できない。
ここで申請したら、ここで受け取るのがルールだ。』





てかさ、どうしてシートがないの?
在庫管理くらいしてなかったの?
それがあなたの仕事でしょ?
シートがなかったら、仕事にならないじゃない。



『シートは全部使ってしまって、今はここにはないんだ。
昆明は遠いんだ。
届くのに時間がかかる。』




いや、遠いって言ったってさ、バスで12時間でしょ。







相手の機嫌損ねて延長を受け付けてもらえなくなるというのは最悪だから、
あまり強く文句は言えない。


だって、私には、いくら時間がかかろうと、


ここで今すぐ延長するしか選択肢がないのだ。








金曜に来た時に対応してくれた女の子は、私がかなり無理を言っているのに
『今日は職員が少ないから即日発行できないの、ごめんなさい』
って言ってくれたのに、

この男は
無表情で、『ごめん』の一言もない。



ここは日本じゃないと分かっていながらも、
イライラが募る。


日本がいかに優秀なのか、改めて痛感する。




イスラエルカップルも、一週間かかるということに、かなり戸惑っている様子。


選択肢のない私は、
この窓口の態度に腹を立ててもしかたないと思いながらも、
今後の予定が完全にくるってしまったことにめまいを感じつつ、


黙々と申請書に記入するしかなかった。















『もし、昆明から、ビザシートが早く届いて早く手続きが済むようなら、電話するから。』



でも、残念だけど、正直あまりあてにはできない。
来週の月曜か火曜に出来るというのも、超アバウトな目安か、もしくは気休めの話しだ。

それが日本以外の国の常識。




イスラエル人カップルは、まだ期限まで一週間近くあるそうなので、
延長はやめ、
すぐに昆明へ移動し、そのまま次の国へ出国するらしい。


うん、それがいいよ。




まさか、物品の在庫がないという理由でここで一週間も足止めくらうことになるとは思わなかった。

中国でも比較的早く、簡単にできるという香格里拉でこの事態。





もう、なるようにしかならない。


気持ちを切り替えて、このエリアをどっぷり楽しむしかない。




一応、香格里拉があるこの迪慶蔵族自治州内なら自由に移動できるそうだし。




ポジティブにとらえるしかないよね。




あははははははは(泣笑)
スポンサーサイト

[2014/10/22 03:45] | 中国 その3
トラックバック:(0) |


まり
あんれまー!ホント。。まさかの!!だね。どうか待ちも素敵な時間になりますように。

Re: タイトルなし
えみりあ
≫まりさん

えー!!計画がぁ!って感じでしたが、まぁ、それなりに過ごせたんじゃないかなと思います。

コメント:を閉じる▲
濾沽湖から麗江に到着したのは、もう日も暮れかかった夕方だった。


このままこの町で一泊することにする。

客引きのおばちゃんに連れられていった宿は、狭いけどトイレ付きだし、wifiもあるし、バスターミナルからすぐの好立地。
値段もまぁ、許容範囲内。








麗江の旧市街は、世界遺産に登録されている。



でも、意外と麗江については

ツーリスティックすぎる

と不評。





私自身もあまりツーリスティックなのは好きではないので、
スキップする予定でいた。

こんな情報もらっては・・・ねぇ。




だけど、せっかく麗江で一泊するので、夜だけでも軽く散策してみることに。






とはいえ、麗江の旧市街に入るには、
『古城維持費』
なる入場料が必要らしい。

しかもあまり安いとは言えない。




でも、夜に旧市街に行ってみたら、特にそういうチケットチェックなどもなく
ふつーに入れた。










巨大な土産物屋テーマパークと化していると噂の麗江。



ライトアップされているので、きれいだけど

s2014P9082209.jpg

s2014P9082208.jpg




たしかに土産物屋だらけ(笑)。

s2014P9082218.jpg






中国人好きそうだよね、こういう感じ。








屋台街みたいなところは一段とにぎわっている。

s2014P9082237.jpg

s2014P9082234.jpg

s2014P9082231.jpg

s2014P9082229.jpg

s2014P9082235.jpg


おいしそう!!!







こんなものもあった。。。

s2014P9082220.jpg

s2014P9082221.jpg

s2014P9082222.jpg

s2014P9082226.jpg




虫、食べてみたいけど、あまりの高さに怖気づく私(笑)。
だって、虫一盛1000円くらいしたんだよ。



中国人も、値段なのか、虫自体なのか、


ありえない。


といって、みんな苦笑いでスルー(笑)。







300円なら食べてたな。







それにしても、人多すぎでしょ。

s2014P9082243.jpg




あまりの人混みに酔ってしまい




そのまま宿に戻る。







まぁ、麗江ももう来ないかな。










そんな私も、現実に引き戻され、

究極の選択をしなればならないのです。






北に戻るか

南へ進むか

ここにとどまるか・・・。





その話はまた次回に。

[2014/10/22 03:23] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
香格里拉から濾沽湖に向かう。

濾沽湖は
雲南省と四川省にまたがる、高地にある湖。

ここに行った人は、皆口をそろえて美しいという。





朝、7時20分発の、麗江行の一番早いバスに乗る。



麗江に着いたのは11時半。
濾沽湖行きの直通バスを聞いてみたけど、やっぱりこの日はもうないらしい。



12時半発の寧ロウ行きのバスに乗る。



地図で見たらもっと近い道があるのに、なぜか遠回りするバス。



おかげで着いたのは夜7時。




まぁ、この道中、かなり景色よかったです。

s2014P9061410.jpg

s2014P9061397.jpg

s2014P9061455.jpg

s2014P9081976.jpg

s2014P9082006.jpg



黄色く色づきかけた田んぼは、もう秋が近いんだなと教えてくれる。

そういえば、

『地平線の向こうまで一面田んぼが広がる情景』

っていうのにどこかあこがれがあって、
棚田も素晴らしいけど、そういうのも見てみたいと思っていた。
まぁ、どこにあるのかわからないから『あこがれ』だったんだけど。


それを偶然にもここで発見。


s2014P9061419.jpg

s2014P9061414.jpg

s2014P9061409.jpg


感動した。

地平線の向こうまで…とはいかなかったけど、
でもここまで田んぼが一面に広がるのって、やっぱり感動に値する景色だと思う。



このあたりはリンゴの産地らしくて
道端で直売してたりする。

『一個だけちょうだい。いくら?』

って聞いたら、


『一個だけならタダでいいよ、持っていきな』

ってお店のおばちゃんがくれた。


s2014P9081981.jpg





で、寧ロウから濾沽湖までは乗り合いタクシー。
もう日も暮れたし、今日は無理かなとあきらめていたけど、
たまたま人が集まったので発車してくれた。
値段も相場だったしね。


無事に濾沽湖畔の大洛水村に到着し、一夜を明かした。





翌朝は、快晴。


濾沽湖観光に割ける時間は、この日一日しないので、頑張って楽しむぞ。

レンタサイクルで湖を一周するのが人気みたい。

s2014P9071503.jpg




濾沽湖は、中国で一番美しい湖って誰か言ってたな。
それはホントかどうか知らないけど、
ただ、時間や角度や場所によって、さまざまな表情を見せるのが、この濾沽湖の最大の魅力らしい。


外周64㎞、標高2700mの高地に位置する濾沽湖は、いくら私が4000m級のチベットエリアから降りてきたと言っても、自転車でのアップダウンは相当しんどい。




途中、同じドミの中国人ジュリーと、その友達の炒飯くんと出会い、
流れで一緒にまわることになった。

s2014P9071551.jpg




更に、道で出会った中国人久月ちゃんとも、流れでジョイン。

ホントに中国人のジョインの気軽さには、脱帽だ。














s2014P9071465.jpg

s2014P9071476.jpg

s2014P9071497.jpg

s2014P9071544.jpg

s2014P9071558.jpg

s2014P9071571.jpg

s2014P9071663.jpg

s2014P9071677.jpg







透明度も高いし、ダイビングとかしたら楽しそう。

でも、そーとー冷たいかな、水温。

s2014P9071718.jpg

s2014P9071727.jpg

s2014P9071734.jpg

s2014P9071768.jpg

s2014P9071776.jpg

s2014P9071798.jpg

s2014P9071823.jpg

s2014P9071825.jpg

s2014P9071903.jpg

s2014P9071914.jpg

s2014P9071946.jpg

ホントだね、

一つの湖でも全然印象が違う。


百面相じゃ!!







半分くらいまで来たところで、陽が暮れてしまった。








四川省側の濾沽湖鎮で車をチャーターし、自転車を載せて帰ることになった。


ちなみにレンタサイクル屋の閉店時間は8時ごろ。


現在夜7時半。

こんな状況でも食堂に入るところが、中国人らしい(笑)。







結局、残り半周は車でまわった。







真っ暗で何も見えなかったけど。








でもすごく楽しかったよーーー。











さて。

自転車屋の閉店時間を大幅にオーバーしていた私たち。


でも、自転車屋に着くと、オーナーがニコニコしながら返却手続きしてくれた。
何のおとがめもなし。


なんか中国っぽくないけど、こういう融通が利くところが中国っぽい。









独りだったらここまで楽しめなかったかも。


弾丸だったけど、素晴らしい濾沽湖でした。

[2014/10/21 02:30] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
香格里拉でやることはただ一つ。


中国ビザの延長。





旅人の中で噂されている、中国で(ノービザからでも)延長しやすい町は

四川省・成都(所要5営業日)
四川省・楽山(即日とのうわさも?宿泊証明書もいらなかっとのうわさも?)
雲南省・大理(3営業日くらい)
雲南省・麗江(3営業日くらい)
雲南省・香格里拉(1営業日、即日でできたという噂も?)

※後から知ったのですが、大理・麗江は現在、延長できなくなったり、できるようになったりとかなり流動的なようです。



実際やったという人にも最近会ったし、
運が良ければ即日でできるという香格里拉。
ここでやるっきゃないでしょ。





とはいうものの、
理塘でなぜか2日もいてしまった私は、
香格里拉に到着したのが木曜日の夕方。
この日はもうビザオフィスは閉まっているはずなので、
とにかく、明日、金曜日に行くしかない。


けれど、連休を挟むことになるから、普通は、火曜日の受け取りになる。
5日も香格里拉にはいられないな。









とりあえず、ダメもとで即日発行にチャレンジしてみよう。






金曜日、
香格里拉の公安総合官庁で宿泊証明書を発行してもらい、
ビザオフィスに行く。



まだ若い女の子が一人、窓口で仕事していた。
申請に来ているたのは私だけだ。




ビザ延長したい旨を伝える。


『中秋節の連休が入るので、受け取りは来週の火曜日になります。』



明日には別の町に行かなければならないし、時間がないんです。
即日発行できませんか?


『即日発行はしていません。』



でも、私の友達が即日発行できたと言ってました。
おねがいします。



『それは、たぶん、たまたま業務に余裕があったからでしょう。
今日はミーティングで他のスタッフみんな出てしまっていて、私しかいないんです。
今日はできません。ごめんなさい。』





中国はごねたらイケるって聞いたので、ごねてみたけど、
やっぱり無理だった。






『次はどちらの町に行かれるんですか?
麗江ならここからバスで4時間だから、今日移動すれば今日のうちに申請することはできますよ。

私には、こうやってアドバイスすることしかできないんです、
即日発行してあげられなくて本当にごめんなさい。』



ち・・・中国人が『ごめんなさい』って言った・・・。(初めて聞いた)
それも先方には何一つ非がないのに!!!



なんだか、こうやって言われると、無理には言えない。

そもそも無理を言っているのは私の方だし。




香格里拉で申請しても、迪慶蔵族自治州内なら移動できるらしい。
でも、私が次に行きたいと思っていたのは濾沽湖という四川省との省境にある湖だ。
それはこのエリア内ではない。
麗江からバスで8時間ほど走った山奥だ。






しばし悩み、





ビザオフィスを出た。







麗江や大理でも延長はできる。



連休中に濾沽湖に行き、ビザが切れる火曜日に麗江か大理で申請しよう。








しかし、その後、調べてみたところ、
麗江や大理での延長は極めて流動的。

香格里拉では『麗江や大理でも延長できますよ』なんて言われたけど、
それらとは管轄区が違うので、
香格里拉のビザオフィスのスタッフの発言を100%鵜呑みにするのは危険だ。
その証拠に、彼らは麗江での申請必要日数は把握していなかったし。
流動的な情報を、どこまで把握しているかわからない。







まぁ、結果的に、ビザ延長はことごとく裏目に出る羽目になったわけだけど、
それはまた、改めて書きたいと思います。









で、この連休・中秋節は、中国でも重要なお祭りの一つ。

月餅を親しい人に贈り合うのだとか。

お中元みたいな??



チベットエリアにいたので、それほど中秋節を強く感じることはなかったけど、
確かにスーパーでは
月餅がたくさん売っていたな。








そんな中秋節の連休は3日。

濾沽湖までの道のりは近くはない。




拠点になる麗江までは、香格里拉からバスで4時間。
麗江からは8時間だが、
その道のりを1日で行こうとすると、麗江―濾沽湖間の直通バスには間に合わない。

香格里拉―麗江―寧ロウ―濾沽湖と刻まなければならない。

本当に丸1日かけての移動。







ビザの延長も失敗はできないし、

とにかく、慎重にかつ、後悔のないように行動しなくちゃ。








次回は、そんな濾沽湖の話。

[2014/10/21 01:09] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
四川省の成都から、

真っ直ぐ北に行って、

そのまま西に向かい、

真っ直ぐ南下し、




ついに、中国最後の省・雲南省に突入!!!






いやーーー


やっぱチベットは山道だねぇ。

s2014P9041321.jpg







この町の目的は、ビザの延長だけだったんだけど、


いろいろあって何日か滞在したりもしたので、

この町の見どころ、特に旧市街を中心にまとめてみようと思います。








というほど歩いてもないんだけど。








そもそもどこからどこまでが旧市街なのかもよくわからなかった。







実はこの町、今年一月に大火事に合ったらしく、
町のほとんどが焼失。
復興中のところが多くて、ここが有名な香格里拉の旧市街ということもあまり実感がないまま終わってしまった。



私の泊まっていた宿の隣の道から向こうは





なにもなかった・・・。








香格里拉で一番有名なのは、このマニ車。

s2014P9051361.jpg


世界で一番大きいんだとか。

(中国って、『一番』って多いよね、自称も多いだろうけど。)




ちょっとした丘の上にあるので、ここまでたどり着くのにめまいがする。

s2014P9051377.jpg

s2014P9051331.jpg

s2014P9051335.jpg


でも、この大きさは、一人ではまわらない。


一人で頑張っていると、他の人たちも一緒に加勢してくれる。


掛け声は


イー・アー・サンッ!!!

s2014P9051362.jpg



みんなで回すのって楽しいね。
そして嬉しいね。

見ごたえのある彫刻だったりする。

s2014P9051368.jpg



そしてここからみる旧市街もなかなかよい。

s2014P9051340.jpg






旧市街の町自体は静かで落ち着いた雰囲気だけど、
お土産屋さんとカフェと宿が並んでいるくらい。

s2014P9051378.jpg

s2014P9051382.jpg

s2014P9120306.jpg


とにかく静かです。







私のお気に入りは、白鶏寺。

s2014P9120214.jpg



丘の上に建つこのお寺からの景色も素晴らしい。

s2014P9120195.jpg

s2014P9120198.jpg



でも、それ以上にここは、タルチョがたくさんかかっていて、それを見ているだけで楽しい。

s2014P9120238.jpg

s2014P9120248.jpg

s2014P9120267.jpg



このお寺には、こんなテント型のタルチョもある。

s2014P9120277.jpg




めずらしい。




けど、もっと驚くべきは、この中から見た景色だ。

s2014P9120294.jpg



外と中、全然違うでしょ?

そしてこの光に空けたタルチョがすごく美しい。

心地よい光、風の音、守られている感じがすごくした。










これは郊外に当たるんだけど、

自転車を借りて、ナパ海というところを一周してきました。




このあたりも草原なんだけど、
夏の時期になると、ここに水がたまり、ちょっと違った景色が楽しめる。



香格里拉からナパ海を一周して帰ってくるコースでだいたい4時間くらい。
そこそこ広い草原で、
場所によっては、湖だったり、

s2014P9110064.jpg

s2014P9110087.jpg




湿地帯だったり

s2014P9110114.jpg



草原だったり

s2014P9110009.jpg

s2014P9110132.jpg

s2014P9110141.jpg

s2014P9110155.jpg




色んな表情が楽しめた。

s2014P9110041.jpg

s2014P9110165.jpg

s2014P9110168.jpg



遠くには小ポタラ宮とも言われるお寺も見える。

(ポタラ宮はチベット自治区・ラサにあるチベットを代表する世界遺産)

s2014P9110003.jpg








そして、香格里拉にいる間に、
この砂鍋飯にハマったわけです。

s2014P9130309.jpg

2日に一回は食べてました(笑)

冷ご飯にスープと芋と豆とハムいれて炊き直しただけっぽいのに、

奇跡のようなウマさ。







というわけで、東チベット編はこれにて完結。

やー、寒暖がきつかったです。
そして、一年越しで来れたのでよかったなぁ。


いろいろ考えることや学ぶことも多かった東チベットの旅。

正直、もう少しいろいろまわりたかったなという思いもありますが、

お腹いっぱいです。








でも、中国はもう少し続きますよ。

[2014/10/21 01:01] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
理塘を早朝のシェアタクシーで出発し、

更に南部、稲城という町に向かう。



稲城は、亜丁国立公園の拠点の町だけど、そこには行きません。


ビザ、切れそうだし。










道中は、とってもいい景色でした。

s2014P9031207.jpg

s2014P9031222.jpg

s2014P9031210.jpg





普通に途中下車して、ピクニックとかしたくなるわ。











稲城には昼過ぎに着いたので、少し町の周りを散歩してみる。





町のすぐ外には、白塔が建っている。

s2014P9031228.jpg

s2014P9031232.jpg


でかいな。










更に歩く。

s2014P9031242.jpg

s2014P9031247.jpg



もう秋なんやなぁ。
この辺は標高も高く、夏が短いといった方がいいのかな



s2014P9031248.jpg

s2014P9031252.jpg






道は舗装されているけど、それ以外は完全にチベットな景色だ。

s2014P9031271.jpg

s2014P9031257.jpg

s2014P9031263.jpg

s2014P9031267.jpg

s2014P9031274.jpg

s2014P9031277.jpg





草原って言っても、湿原なんだけどね。


s2014P9031283.jpg

s2014P9031285.jpg








結構歩いて疲れたので帰る(笑)。






この数キロ先には別の見どころもあるらしいけど、

自転車でも乗ってこればよかったよ。






町中では
ヤクの大群が歩いてた。

s2014P9031304.jpg



でももう驚かない(笑)。








夕べ、寝ている間にカメラを二段ベッドから落としてしまったらしく
それまで使っていても普通に撮影できるし、気付かなかったんだけど
色んなところに不具合あり。

こちらの方が驚いた。

というか、テンション下がった。




宿に戻って、
完全に素人ですが、できる限り慎重に直した。

さっきよりずっとマシになったかな。






よく物をぶつけたり落としたりする私は、
こういう壊れやすい精密機器は本当に向いてないと思ったんですが、
大事な相棒なので攻めて旅が終わるまでは頑張ってもらいたい。


旅終わったらしかるべきところに修理に出すからねっ



それにしても、今使っているパソコンだけは、4年間ずっと使っているけど
故障一つせず頑張ってくれてる優秀な相棒です。





話がずれた。









けど、

そろそろ草原にも飽きてきました。

でも、もう少しチベットの旅は続きます(爆)。

[2014/10/21 00:34] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。