東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に一時帰国して来て、もう一ヶ月が経過。

帰国してからブログを書いたのは、ほんの数話で

ブログ上はまだ日本にすら到着していないってゆー・・・。




ちょ、なにしてたの??


ってかんじですが、

何してたんでしょうね・謎(笑)





まー、一言で言うなら、

旅前の日本での生活とも違う
旅中の海外での生活とも違う

そんな、かなりスローな毎日を送ってます。


今しかできないことをしたいというのが根底にあるので、それはしているつもりですが、
プライベートすぎることもいっぱいありますが、




ま、

今日は、一か月以上前の記憶をさかのぼって
およそ2年ぶりに日本の土を踏んだ時のことを振り返ってみたいと思います。












上海から日本に向かうフェリーに乗って2回目の夕方。



ふと窓に目をやると






島じゃん!!!


s2014P2232869.jpg


どこどこ?
沖縄?鹿児島??

s2014P2242874.jpg



そして翌朝、船の揺れを感じなくなったとき、



そこは、


大阪港に入港しておりました。




上海を出てからたったの二晩で大阪に着いちゃったよ。ひゃっほ!!

↑もうすでに感覚がずれている…





バックパックを背負い、
船を降りて
入国審査に並ぶ。

並んでいた時は中国人と思われたらしく、一瞬中国語で話しかけられけど

日本の入国審査では、いつぞやの中国入国の時のように別室に送られるということもなく、平和に次のブースへ。



日本でも、『日本語お上手ですね』なんて言われるのかな・・・。
東南アジアでは結構現地人に間違われることが多かったな。
なんでやねん。





次は検疫。

私の前の夫婦は、中国で買ったらしい箱入りのお酒やら、箱入りのお土産を大量にあずかられ、審査官とめっちゃケンカしてた。
まー、わからんでもない。



そんな厳しい一組の次は、バックパッカーといういかにも引っかかりそうなあやしい私。


えみりあ:こんにちはー
検疫審査官:こんにちは。どちらに行って来られたんですか?
えみりあ:世界一周です
検疫審査官:えっ(驚)!!申告するものはありますか?
えみりあ:とくにないですー。中、見ます?
検疫審査官:あ。結構です。
えみりあ:へ?
検疫審査官:おつかれさまでしたー。行っていいですよ。次の方どうぞ―





・・・。

何、この力が抜ける感じ・・・。

嬉しいような、悲しいような。。。
めっちゃ気合入ってたのに。






気を取り直して、日本につながる最後の扉をくぐると・・・



どひゃーー



またしても、見覚えのある・・・というより、見慣れた顔がそこにはあった。








おかえり~~~



と出迎えてくれたのは、


これまでも何度も再会してきた、ノブさん・アサミちゃん夫妻


s2014P2242895.jpg




きゃーーー

ありがとう!!!!!





私の大阪港到着に合わせてわざわざ迎えに来てくれた二人に感謝。


てかさ、うちら、15か国目の再会なんやね。

腐れ縁て言っていい?

いや、嬉しいんですよ、心から♡






大阪港に到着したのが10時半ごろだったんだけど、
私はすでに地元へ戻る、昼過ぎ発の長距離バスのチケットを予約していた。

そんな中、短い時間だったけど、二人が春の大阪を、久々の日本を最高に楽しませてくれた!!




連れて行ってくれたのは、大阪城。


s2014P2242905.jpg



その梅見。


s2014P2242880.jpg

s2014P2242896.jpg

s2014P2242885.jpg

s2014P2242904.jpg



いいお天気で、ぽかぽかで、梅もきれいで

たくさんの人がお散歩や梅見に来ていて


このはんなりした感じ、日本ていいな~





と思ってたら、

アサミちゃんがおいしいお弁当を用意してくれてた。


s2014P2242893.jpg


おにぎり、おいしい!!
おかず、さいこーー!!




日本のお米ってホントに甘くておいしいよね。
でもそれだけじゃなくて、
色んな味のおにぎりを作ってくれて、たくさんの種類のおかずを作ってくれて、中には海外をまわった二人らしい現地の料理をアレンジしたものもあったりして、友達とステキな景色を見ながら、
そしてそんなやさしさを全力で感じながらいただく、日本で一番に食べたご飯の味。

『おいしい』

以上の言葉が見つからなかった。




いいなぁ。

日本、いいなぁ。






梅見には、外国人観光客の方もちらほらいて、
写真を撮ってもらったイギリス人カップルに、
『日本楽しんでね』って言えてよかったな。

今まで、日本で外国人を見かけても『あ、ガイジンだ』で終わっていたけど、
海外にでて、自分が『外国人』っていう立場を経験することができたから、
今までよりも海外から来ている人たちが困っていたら声をかけたいし、
それが今まで海外で現地の人たちに助けられた感謝を還すことができればなと思う。


s2014P2242900.jpg



そんな楽しい時間もつかの間、
私のバスの時間が迫っていたので、急いでその場を後にする。






隣を歩いていた日本人のおっちゃんか電話で話していたのが聞こえた。


おー、今、大阪城に来とんねん。
梅やねん。うん。
人?いっぱんおんでー
半分がガイジンやわ(笑)




ちょ、それ、私のことっすか?
日本人でバックパック背負ってることなんてあんまりいないからね。
服装だって、日本の女の子みたいにおしゃれしてないし
顔も中国人顔って自覚あるけど、
海外にいた時間も決して短くないし、
たった今日本に着いたとこやけど、

それってあたしのこと!!??



と、三人で顔見合わせましたよ。







結局バスの時間ぎりぎりになって、最後までみんな巻き込んで全力疾走させちゃったけど、


ほんと、日本入国一発目から楽しませてもらいました。

ありがとう。








今までの旅と同じように長距離バスと電車を駆使して目指す岐阜では

金ぴかの信長が迎えてくれた。


s2014P2242907.jpg



ま・・・まぶしい・・・。





そして実家に戻ると、


両親が変わらず温かく迎えてくれました。



おいしいおでんが待っていた。

s2014P2242910.jpg


日本最高だね。

待ってる人がいてくれるっていうのも嬉しかったし、
帰ってきたなって思わせられる日々。







日本での一時帰国生活は、頻度は相変わらず落ちますが、
ぼちぼちアップしていこうと思います。
スポンサーサイト

[2014/04/01 19:52] | 日本 その2
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。