東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を出て、旅をして、
特に『発展途上国』と呼ばれるところを旅していると
誰でも一度はぶつかるであろう壁がある。





『貧困』『発展途上国』『物乞い』『ストリートチルドレン』『死亡率』『病気』『識字率』『裕福』『幸せ』・・・。




色んなキーワードが頭の中をぐるぐる回り続ける。




答えは出ない。


いつまでたっても答えは簡単には出ない。


いつまでたっても『正解』にたどり着けない。






旅をしていて、いいことばっかりじゃない。
辛い現実を知ることだって実際なんどもあった。














早朝、カンパラの町を歩いていた。

登校中の子供たちにたくさん会う。

一軒の大きな小学校の前で足が止まった。

先生と思われる門の前にいた男性に声をかけた。

『子供たちに聞いてみたいことがあるの。』

男性は、この学校ではちょっと難しいけど、僕はこれから別の小学校に行くから、そこで聞いてみるかい?と言ってくれた。

それにお願いすることにした。




P2130769.jpg


連れて行ってくれたのは、決して裕福とは言えない地域の小学校。
彼は、実は教師ではなく、警察官だった。
彼は、警察官という立場で、各学校の教員に対して子供の安全を確保するためのセミナーをしに巡回しているのだという。






学校に着くと、ガイジンが珍しいのか、小さな子供たちが教室の窓越しに興味津々に私に手を振ってくれたり、笑顔を振りまいてくれた。



しばらくして、校長先生が、なんと全校生徒を校庭に集めてくれた。
突然の訪問なのに。



そして、私は子供たちに質問を投げかけた。









『この国、好き?』
もちろんだよ!だって僕の国だよ!!


『この国にもっと裕福になってほしい?』
yesと答えたのは1割。なんと、このままでいいと答えたのは7割の子供たち。


『貧しい人たちにお金や食べ物をねだられたら、どうする?』
お金や仕事や持ってるものであげられるものは可能な限りあげるよ。仕事や役割もね。そうすれば貧困をなくせると思う。


『RichとHappinessは同じ?』
ほとんど全員の子が違うと答える。


『じゃあ、幸せって何?』
お父さんとお母さんがいること。
家族がいること。
勉強ができること。
おいしいもの食べれるとき。
平和で明るい未来。
困っている人の手助けができること。
楽しくて、満足で、したいことがあること。
自分の人生を歩めること。


『今、幸せ?』
もちろん!!!


P2130755.jpg

P2130761.jpg

P2130767.jpg




どれもお金で勘定できることじゃない。
どれも最も身近にあり、当たり前のことばかり。

でも、当たり前すぎて忘れてた。気づかなかった。

輝く彼らの笑顔と、爆発しそうなパワーと、そして彼らなりに向き合っている現実とその未来、その彼らからもらったこれらのメッセージ。
そして何より、彼らの姿はとても頼もしかった。

大丈夫だよね。きっと彼らの未来は明るい。







答えは簡単には出てくれない。


答えは一つじゃない。


答えに正解はない。


そして、明日になったら答えは変わっているかもしれない。


それでいいんだ。





ただ、彼らは決して『かわいそう』なんかじゃない。










私の中の長く暗いトンネルの先に少し光が見えた気がした。
スポンサーサイト

[2013/02/23 08:34] | ウガンダ
トラックバック:(0) |
宿から徒歩10分。


屋台のお店が並ぶエリアがある。
屋台っていうか、ローカルフードといった方がいいかも。
地元の人がいっぱい来るし。




P2110724.jpg

そこではチキンの炭火焼きとか、串焼きとか、ピラフとか、スープとかいろいろあるんだけど、






その中で一番おいしいのが、








ロレックス。











ろれっくす・・・???







うん、ロレックス。





でも、時計じゃないよ~






チャパティっていうパンみたいなクレープみたいなのに
野菜入りの薄卵焼きを一緒にくるくるって巻いただけ

P2120742.jpg




超シンプルなんだけど、すごくおいしい。







昼間はアボガドをのせてくれるお店もある。
野菜の量も言えば調整してくれるから、

おじさーん、キャベツたっぷりねー。アボガドもたっぷりねー


ってお願いすると、



あいよーってやってくれる。


うれしいね。


P2140776.jpg




これで50円





肝心のお味は、塩味で、
これにおたふくソースかけたら、完璧お好み焼き!!!!




速い・美味い・安い!!!


の三拍子。





おかげで毎日これ。









この国のパイナップルも完熟でおいしい。

かじると汁がじょぼじょぼでるくらい。


P2160780.jpg




あとね、この国はビクトリア湖っていう大きな湖からとれる魚も食べれる。









安くておいしい食にあふれたこの国、
緑も多いし、
人もとってもいい。
物価も安いし、
『アフリカのオアシス』って言ってもいいかもね。

ウガンダ大好き。

[2013/02/16 21:56] | ウガンダ
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
ケニアからウガンダに入った途端、緑の景色が一気に広がった。


赤土の道に茂る木々。


緑の国だ!!!


P2090641.jpg



そんなウガンダの見どころの一つ、シピ滝に行ってきた。

シピ滝には三つの滝がある。
そのうちの一番大きくて一番美しいと地元の人が教えてくれたところへ。





道なき道を歩き、切り立った山際を歩く。
ガイドを付けないと多分わからない道。

P2090642.jpg

P2090647.jpg



でも、景色きれいで、緑に囲まれてるから楽しい。


P2090663.jpg



でっかい木と斧を頭に乗っけて山を登るおばちゃん。

P2090657.jpg







シピ滝!!!

P2090677.jpg


規模は大きくないけど、絹糸みたいにスーーーっと一本の線で落ちる滝。
うん、きれい!!!!

P2090676.jpg

P2090694.jpg


心地よい音と風と水しぶき。


光と風によって一瞬たりとも同じ表情をしない滝。




生きて生かされるのは人だけじゃない。
この美しい景色が教えてくれた。


ここでも『地球』を感じることかできた。


いや、地球はどこでだって感じることはできるんだ。

[2013/02/14 07:13] | ウガンダ
トラックバック:(0) |


まり
ウガンダに、友達がすんでるよー!ごうださんってゆー、コーヒーつくってる人。ウガンダのコーヒーは美味しいらしい。まだウガンダであれば、ぜひ。天然カメレオンや!!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫まりちゃん

コメントありがとう。
残念ながら、もうウガンダでてしまったよ。。。
ありがとうね。またぜひ来たい国やなぁ。

コメント:を閉じる▲
これからのアフリカ旅はテントですよ!!









というわけで、テントを購入しました。

寝袋は旅始めるときから持ってたので、テントとマットだけ。


アフリカだって当然宿はあるけど、テント泊の方が安かったりするんです。
個室だし。
広さも自分の寝るスペースと荷物置くスペースしかないけど、快適!!

P2010635.jpg

これが我が家。
来訪時にはご一報ください。









ちなみに、ハンガリーでテントの話になった時、
「アフリカでテントを買うなら、金に居止めはつけないぜ!5千円くらいの買うよ!」って言って「安っ」って笑われたけど、
結局2500円のテント買いました(笑)。
けど、今んとこ、それで十分だ!!

[2013/02/12 15:37] | ケニア
トラックバック:(0) |
エチオピア南部の民族めぐりの旅を通して、
自分なりに考えることがあった。

というか、考え込んでしまった。






民族めぐりはとても興味深かったし、
現在も昔からの伝統文化を守っている人々がたくさんいるということに驚きもした。
装飾や生活も見たこともない、全く違う民族もいた。



実際にそれを見るのを楽しみにしていた。






でも、民族に会えば会うほど、実際、彼らにとっての『民族』って何なんだろうと思えてきた。




カメラをカバンから出すだけで、いや、外国人を見るだけで、
「写真撮れ、写真代払え」
と言ってくる人々。



外国人が珍しいから、好奇心からではない。
彼らにとっては観光客からの写真代はおおきな収入の一部になっている。
そして彼らは彼ら自身の『商品価値』を知っているのだ。



でも、ここで大きな疑問を感じた。
『民族の商品価値』ってなんだろう。


昔から伝統にしてきた文化を商品にするということか。










かつてそれぞれの民族でそれぞれの歴史的・社会的背景があってこそその文化が生まれたのだろうけど、
それが『商品』となるということは
そこに『観光資源』という大きな動きが入ったからに他ならない。


そしてその流れを作ったのは私を含む観光客に他ならない。


『民族』という『商品』を見に行っていた自分がいたことも否めない。





民族の文化を見たい・民族の姿が見たいと思うのは自然なことなのかもしれない。





でも、旅していて『ゲルマン民族を見に行こう』『アメリカ人を見に行こう』という思いを持ったことはなかった。
彼らに会いに行くのが目的ではなく、その国の旅の中で会えたという感覚だった。
逆に『日本人を見て見たくて』といって日本に来るという人に会ったら、『???』と思うだろう。



その土地に住み、その土地に合った文化を築き、その土地で生きている。
それだけのことなのに。







民族がいて、観光が成り立っているのか、

観光のための民族なのか、




分からなくなってしまったのだ。






文化を守るのは素敵なことだし、それは応援したいなと思うけど、
『文化』が『商品』になった時、彼らの中にどんな感情があったのだろう













そんな思いを持ったまま、ケニアに入国したのだけど、
もともと動物にそれほどまでに興味があるわけではないということももちろんあるが、
自分はそこでも、動物に対しても民族に少し似た矛盾を感じていて
私はここでサファリに行くこともためらっていた。



車の中という安全な場所で、自然の『生きるか死ぬか』『食うか食われるか』を常に生きている野生動物たちを見ることに、ちょっと違和感を感じたからだ。



だって、野生動物を見に行っている私たちの車の中という空間は、決して野生の空間ではない。
野生動物たちにとって、そのような野生じゃないものが入っていくのは、
『野生で生きている』とは言えない、言わせられない気がした。




実際に行った人の話を聞いても、ケニアのとある国立公園のサファリに行くと、
野生動物たちは人間の乗った車に慣れてしまっている。
そこは自然の中なのに、自然でないものが入っているのに自然というのは、なんだか不自然だ。







南極に行った時もそうだった。
鳥は生きるためにペンギンを食べるタイミングを狙っている。
野生ペンギンは必死に子供が食べられないように威嚇し守る。
そして目の前でペンギンが数羽の鳥に食いちぎられているのも見た。


衝撃的で、自分もその『いのちの循環』の中の一部なのだということを強く感じたけど、
『いのちを頂く』ということに感謝してご飯を食べられるようになったけど、


どこか、『今自分はここで彼らの肉になることはない』と感じている自分がいた。




ライオンやチーターのハント。
これがもし見ることができたら、とても貴重な体験だと思うけど、
生死をかけている両者を同じフィールドにいても動物自身の現実と、サファリという観光をしている自分にギャップがあることが想像できた。





自分の心の中に矛盾を持っていることに気づいた。




しこりを持ったままでは楽しめない。
引っかかるものがあるのでは楽しめない。



矛盾を持っているうちは、






ケニアでサファリにはいけない。

[2013/02/12 06:52] | ケニア
トラックバック:(0) |
アフリカには、少数の民族がいっぱいいるらしい。
独自の文化や独自の装飾をした民族が、何百種類もいるらしい。
テレビで見たこともある民族もいれば、
全く知らない民族もいっぱいいるらしい。




どんな文化なんやろー。
どんな恰好なんやろー。
どんな人たちなんやろー。





中でも、エチオピア南部にはたくさんの種類の少数民族がいるらしい。
そして、彼らに会いに行くには、おもに彼らの集まる『マーケット』に行くといいらしい。

そんなキーワードだけは旅の中で得た。





さぁ、少数民族に会う旅の始まりです。

今回は写真です。








ドルセ族の村に遊びに行ったとき。

P1210053.jpg

P1210055.jpg

P1210071.jpg

P1210073.jpg

P1210086.jpg

P1210100.jpg

P1210105.jpg

P1210123.jpg

P1210124.jpg

P1210130.jpg







ムルシ族の村に行ったとき。

P1230235.jpg

P1230334.jpg

P1230361.jpg





カイアファールという町のマーケットに行ったとき。

P1240483.jpg

P1240486.jpg

P1240499.jpg







民族めぐりしていていろいろ考えることがあった。
それはまた次回のブログで話したいと思います。

[2013/02/07 04:56] | エチオピア
トラックバック:(0) |


履歴書の送り状
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫履歴書の送り状 さん

ありがとうございます。遅くなってすみません。最近ちょっと更新が滞っていましたがまた頑張るのでよろしくお願いします☆

コメント:を閉じる▲
メケレの町からアディスアベバまでは、
大型バスで2日!!



エチオピアのバスは治安上、夜行バスというのがないので、
どっかの町で一泊しないといけないのです。


ミニバスになると、12時間くらいで行けるけど、値も張り、そもそも外国人料金とやらが発生し、しかも政府非公認。白タクならぬ白バス。


どちらも一日数本程度。
首都と比較的大きな街を結ぶ路線といっても、頻発しているわけではない。





私たちは、ミニバスで行くことにした・・・というか、
予約せずに早朝、バスターミナルに行き、アディスアベバ行のミニバスを探すと、「もうすぐ来る」と言われ待っていたけど、
どうやらもう行ってしまった様子。
仕方なく大型バスにしようかと言っていると、満席で乗れず。
どーするよーーーと言っていると、
バスターミナルからずいぶん離れたところでミニバスを捕まえ、交渉。
行くとなったけれど、なぜか空地みたいなところで待機。
人が集まるのを待つ。
待つ。
いつまでも。
気付けば9時過ぎ。




一向に出発しないバスにイライラした私は、
『早く出発しろや!!!』と怒鳴ってみるが、意味なし。




ちーーん。









ちなみにこちらのバスというのは、乗車率は100%にならないと出発しないのです。
100%というのは、日本の100%ではないですよ。
日本のライトバンに座席・通路、隙間という隙間に人を座らせて、20人程度が100%と言っております。
更に道中で人を乗せ、
乗せられるだけ乗せ、
押し寿司のようになりながら、
何時間もバスに揺られるのであります。




やっとのことで出発して数時間、体調がまた悪くなってしまい、
でもこれは風邪症状ではなく、
夕べ食べた肉に当たったみたい!!!
どんだけか弱くなってしまったんだ!




何度も車を止めさせてもらい(大型パスよりは気軽に車を止められるのもミニバスのいいところだよね)
アディスアベバの宿に着いたのは、日付が変わる直前。




このころには体調もマシになってたけど、

やっぱりアフリカの移動は過酷だぁ。

[2013/02/04 04:52] | エチオピア
トラックバック:(0) |
ツアー最終日、ガイドが連れて行ってくれたところは、
とんでもなくすごいところだった。



そもそもこのツアーには、軍隊が同行する!!!







まず、初めに向かったのは、








ナメック星!!!

P1140526.jpg

P1140551.jpg

P1140508.jpg

P1140485.jpg

P1140473.jpg







ドラゴンボールも見つけたよ☆

P1140545.jpg


硫黄の大地。
歩くとサクサクいう。
これも自然の芸術だ。

P1140557.jpg


硫黄はボコボコしていて、火山の近くということを再確認。

P1140505.jpg

P1140487.jpg



このあたりは、塩が採れるようで、六角形の大地。
ウユニ塩湖も乾季になるとこうなる(ウユニはもっと真っ白だけど)。

P1140430.jpg




ここで採れた塩は、遠く、街まで一週間かけて売りに行くらしい。

DSC04978.jpg

P1110099.jpg

DSC04967.jpg





他にも、油がボコボコしているところとか

DSC04933.jpg




カプチーノみたいなところとか、

DSC04926.jpg




カッパドキアみたいにニョキニョキしたところとか、

P1140584.jpg

P1140567.jpg




塩のキノコとか、

P1140447.jpg

P1140450.jpg




こんなことして遊んだりもした(笑)。

DSC04924.jpg

DSC04922.jpg





ホントに初めて見る景色に大興奮。
地球にこんな景色があったなんて、知らなかった。


もっともっと色んな景色が見たい!!!!!





心配していた体調不良も、移動量とは裏腹に、どんどん良くなって元気になって行ったし、
楽しさで満ち溢れてた。



このツアーに参加してホントに良かったって、心から思ってる。





みんなありがとう。

DSC04983.jpg

[2013/02/04 04:45] | エチオピア
トラックバック:(0) |
アフリカ縦断を初めて数週間が経過したとき、
私は精神的にも体力的にもかなりまいっていた。


エジプトの空気の悪さが風邪に変わり、三日で治るような風邪が全然よくならない。

それどころか、
スーダン・エチオピアの日中の気候の変動の激しさ
野菜不足・栄養の偏り
空気の悪さ
過酷な移動
蛇口から水も満足に出ないという衛生状況の悪さなどから
よくなったり悪くなったりを繰り返していた。



今までの旅でも継続的にここまで経験したことのない物不足。
ライフラインですら整っていない。


旅を続けるモチベーションが尽き始め、
初めて『帰国』の二文字がよぎった。











エチオピア北部のダナキル砂漠を訪れるツアー。

以前から興味があり、行ってみたかった場所。
でも、行った人の話を聞くと、『過酷なツアーだった』と。



今の体力では耐えられないのではないか
そして今の自分にそれを楽しむことができるのかと真剣に悩んだ。




行くべきか、行かざるべきか―――。







ヨルダンのペトラ以降、度々再会していたシンちゃん。
彼は私よりも数か月長く旅をしている。
ダナキルツアーから戻ってきた彼は私たちにこういった。


「今まで旅してきた中で上位に入る素晴らしさだった。」



彼の眼はキラキラし、興奮していた。
初めて会った時よりもずっとキラキラしていた。
こんなシンちゃん、初めて見た。




贅沢なことに、長旅をしていると、絶景を見ても感動が薄れてしまうことがある。
それでもいろんな絶景や経験をしてきた彼が『上位に入る』と言い切ったダナキルは、さぞや素晴らしいのだろう。



そんな彼の言葉に導かれるようにツアーに参加することにした。










DSC04932.jpg


ツアーは、エジプト以降ほぼ一緒に行動しているじゅりちゃん、あんずちゃん、サクライ氏。
スーダンまでは一緒だったけど、その後別れ、メケレに向かう途中で再会したケンさん。
ペトラ出会い、これまた時折再会していたカツキさん。
一年前、南米はウシュアイアで出会い、ヨーロッパはニアミスを繰り返して会えず、イスラエルでようやく再会して以降ちょいちょい会っていたノブさん・アサミさんご夫妻。
そして二回目のダナキルツアーをガイドという形で参加することになったシンちゃん。
ゆかいなチームとなった。






初日は雨でぬかるんだ山道のダートや断層を何時間も進み、

P1110158.jpg



翌日は砂漠を大疾走し、無数の石の中をぐわんぐわんになりながら進んだ。

P1120188.jpg

P1120192.jpg




それから日没と同時にトレッキング。

P1120206.jpg







その先にあったのが・・・




























P1130351.jpg



火山口だった。







近づくにつれ、熱い。
火山口にはフェンスも何もなく、火山の中がよく見える。
ただ、熱くてこれ以上近づけないだけ。



P1130334.jpg



溶岩は時折爆発をし、
一瞬として同じ表情を見せない。


P1130252.jpg


「今という時間はこの瞬間しかない」
旅立つ前に何度も自分に行聞かせてきた言葉がよみがえる。
二度と同じでないこの溶岩の表情をいつまでもずっと見ていたい。そう思えた。



P1130280.jpg


溶岩は地球の血液のように見えた。
とどまることなく動き続ける火山活動。
地球だって、傷つけられたり、しんどい時だってあるだろう。
でも、地球の鼓動は止まらない。
地球は生きているのだということを、
太陽だけじゃない、地球の温かさは、地球自身が発熱している一つの命に様に感じた。
『地球』という一つの生命がここにあり、その生命によって私たちは今生きている。





135C4535_R.jpg








朝になり、下山の時間になった。

名残惜しむように最後に見たそれは、
もう一度大きな爆発をして、

『迷ったらいつでも戻っておいで』

と言ってくれた気がした。

P1130326.jpg




ここに来てよかった。
まだまだ旅を楽しめる。
色んな景色や出会いや経験をもっともっとしたい。


心からそう思った。




つづく。

[2013/02/04 04:10] | エチオピア
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。