東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと早くにこのシリーズを立ち上げとけばよかったんだけど、
だって、ハワイのこの木何の木も、
ダラスのシックスフロアも、
メキシコのチチェンイツァも、
もちろんペルーのマチュピチュも
この類だったんだし・・・。





私が都市伝説好きっていうのは以前も書いたけど、
いわゆる、『フシギ』が好き。
『キセキ』も含まれるかな。


やっぱり、宗教関係はそういうフシギやキセキが多い気がする。







『ファティマの軌跡』ってご存知?



今から百年くらい前の話で、
3人の子供の前に聖母マリアが現れて、
三つの予言をしたそうです。

詳しくはウィキペディアで調べてください。





そんなキリスト教の聖地、ファティマに行くことが私のあこがれでした。






ファティマはリスボンからバスで1時間半。


世界的に有名な聖地であると同時に観光地でもあり、お土産屋がひしめき合ってました。
P6290069.jpg














P6290052.jpg

P6290050.jpg


まず、空気が違う。
聖堂に入る前なのに、空気が全然違う。
神聖な場所であることを肌で感じた。

聖堂前の広場に立った瞬間からずっとずっと鳥肌が止まらなかった。



ミサも頻繁に行われているようです。





大聖堂に入った瞬間、息をのんだ。
正面に飾られた宗教画は、今までの教会で見たものの中で一番迫るものがあった。
言葉では表現できない。

P6290060.jpg




シンプルかつ美しい聖殿だけど、
すごくすごく信仰を感じて、ここが聖地であることを強く感じた。
多くの人は、信仰でここに来るのだ。

ろうそくの灯は絶えることなく、
大聖堂までの長い距離を跪いて進む人もいる。
今までの教会と大きく違うのは、
キリスト教の聖地として、多くの宗教者・修道女が訪れていること。
観光の側面よりも、信仰の側面の方がはるかに強いこと。

P6290063.jpg

まさにこの場所で聖母が現れ、奇跡が起きたのだと思うと、
感慨深い。
キセキの場所に立っているんだ!!!!









その後、ファティマの軌跡のシーンを人形展示で説明しているミュージアムに入ってみた。

入ると、



そこはまさにお化け屋敷。


真っ暗な一本道にシーンごとに照らしてくれる展示があるんだけど、

正直、めっちゃ怖い。

P6290065.jpg










キセキと言えば、
バスターミナルに行くためにメトロに乗ろうとしたら、
小銭も小さいお札もなくて買えず、こわしに行こうとしたら、
アフリカ系フランス人の黒人のお兄さんがチケットを買ってくれました。

すごくうれしかった。
やさしさに感謝。
スポンサーサイト

[2012/06/30 06:06] | ポルトガル
トラックバック:(0) |
今朝起きたら、寝違いを起こしてました。
首が痛いです。



一時帰国で実家を出てから七日目。
バリバリ観光したり、
長距離移動が続いたり、
炎天下の中シエスタもとらず(取れず)歩き回ったり。

いい加減疲れてきたので今日は休息日とすることに。





けど、宿の部屋、ろくにネットつながらないんだよなー。



ゴロゴロゴロ・・・。



ゴロゴロ・・・。






やっぱ出かけよう。(ちょっとテンション低め)







今日は、リスボン市内、市電で20分の世界遺産へ。

リスボンにも世界遺産あるんだね。



ベレン地区を散策。



発見のモニュメント。
P6280005.jpg
先頭は王子様だそうです。



ベレンの塔。
P6280026.jpg
干潮だったけど、満潮の景色も見てみたいな。
ちなみにこの塔の一階部分は水牢として使っていたそうです。



ジェルモニス修道院。
P6280037.jpg

P6280039.jpg
とにかくでかくて、装飾が細かかった。






そして・・・







パステルデナタ。
エッグタルト!!
P6280047.jpg
リスボンいちおいしいらしい。
確かに、めっちゃおいしかった。
タルト生地っていうよりパイ生地。パリッパリでおいしかった。
クリームも甘さ控えめ。
一つ€1.05といいお値段。
(↑急にめっちゃテンションあがってる)

スーパーで四つ入りで€1のを見つけたけど、全然味違いました。








リスボンにしばらく拠点を置き、ここからいろいろ観光したいと思います。

明日は、ファティマに行く予定です。

[2012/06/29 07:27] | ポルトガル
トラックバック:(0) |
ロカ岬に向かう途中、
日本人のおじさま二人に会いました。


彼らは、フランスからピレネー山脈を越え、スペインのサンティアゴデコンポステーラまで30日かけての巡礼をしてきたそうです。



何もない道を歩き続けたり、
雨や雷のなか歩き続けたり、
何キロも続く登り坂を歩き続けたり、

話に聞くだけで過酷な旅をされたそうです。


歳も私の父くらい。
楽しい話や、軽いフットワークに驚かされっぱなし。
すごく生き生きして、私もこんな大人になりたい!!


403881_377873135611049_75056413_n[1]




旅は出会い。

ロカ岬・シントラ観光と、リスボンでの夕食をご一緒させていただきました。


P6270240.jpg


P6270243.jpg


P6270259.jpg


P6270261.jpg


P6270263.jpg




そして、ご飯もずいぶんごちそうになりました。

DSC04228.jpg


楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

[2012/06/28 19:28] | ポルトガル
トラックバック:(0) |
P6270193.jpg

ここはポルトガルのロカ岬。






ユーラシア大陸の最西端です。


『ここで陸終わり、海始まる』とうたわれた場所。



ここは、ユーラシア大陸を旅行する旅行者の最終地点ともいえる場所のようです。


P6270213.jpg




しかし、私にとっては違う。

『ここで海終わり、陸始まる』


ここからユーラシア大陸の旅が始まる場所なのです。


P6270225.jpg



東回りで旅してる私は、太平洋を渡って、アメリカ大陸へ。

北・南米をまわり、

大西洋を横断。



そして今、ユーラシア大陸最西端。




ここからは、アフリカに行くのも、アジアに向かうにも、ほとんど陸続き。
大きな大洋を渡ることはない。


P6270205.jpg





次に大きな海をまたぐのは、

日本へ行く時。





はるかなる新世界に夢を見て航海に出たかつての冒険者たちのように、

私もはるかなる新世界に夢をみてこの大陸を旅します。


DSC04231.jpg

[2012/06/28 19:14] | ポルトガル
トラックバック:(0) |
今日のランチは、ちょっと豪華に。




マドリッド到着日に買った一斤くらいの大きさで1ユーロと言う安いパンがまだ残っていたので、今日のお昼ご飯はそれを食べることにした。





Museo del Jamon(ムセオデルハモーン)
P6260153.jpg


ハムの博物館って言う意味。

ゆうこさんも一押しの生ハムの名店です。
生ハムを目の前でスライスしてもらい、テイクアウト。


それをもってマヨール広場へ直行!!!

P6260145.jpg



マヨール広場は、私がいつもお弁当を食べるところ。
町の喧騒から離れられるし、
ステキな建物も眺められるし、
大道芸人もいっぱいいるので楽しい。





生ハムをパンに乗っけて食べると、
P6260141.jpg

とろけるーーーっ


切りたて最高。

安物のパンが、高級レストランのパンに早変わり。




ここに来る前にスーパーで買った魚の酢とオイル漬けも食べてみた。

P6260143.jpg

たまらんです。





実は、Museo del Jamon、三回目なんですが、
目の前で切ってもらったのを食べたのは初めて。
気持ちの問題だけど、切るところから見たハムは、ホントに格別。
種類もいろいろあって、
チーズやサラミなんかもあって、
ホントにハムの博物館でした。

[2012/06/28 19:07] | スペインその2
トラックバック:(0) |
『ゲルニカ』は、あのピカソの代表作ですね。


そういえば、ピカソはスペイン人でした。







朝から、宿から隋分離れたところにあるバスターミナルまで次の移動のチケットを買いに行ってきたのですが、
宿の人に徒歩一時間半と言われていたのに、
結局道に迷い、3時間くらい歩き回りました。
バスターミナル併設の地下鉄駅の、ひとつ前の地下鉄駅までたどり着いたのに、
それからも歩き回ったのに分からなくて、
結局一駅だけなのに地下鉄乗った。
€1.5ケチったためにこういうことになった。

残念です。

もちろん、疲れすぎて帰りも地下鉄。









『ゲルニカ』が所蔵されている『ソフィア王妃芸術センター』は宿から2キロの場所。
今日行ったバスターミナルとの間にあります。



夕方、19時から入場無料になるってことで、行ってきました。




19時03分、到着。




P6260130.jpg

長蛇の列・・・。






けど、あんまり待つことなくスムーズに入れました。




っていうか、もうこの時点でかなり疲れてたので、
目標は


『ゲルニカ』のみ!!





ゲルニカの周りには、ピカソの作品はもとより、第二次大戦の関係作品もいっぱいありました。
映像とかも。

なので、それを見てからゲルニカ見ると深まる。





あんまり美術には詳しくないし、ピカソの芸術性も分からないけど、

描かれた人々の表情とか、色使いとか、なんかもう人や動物の動きなんかを見れば
なんか感じるものはありました。

ピカソの目には戦争はこう映っていたんだね。



このゲルニカ、
学校の黒板4つ分くらいの大きさで、
もちろん迫力もあります。

生ゲルニカ、一見の価値あり。
しかもタダなんて!!!(←現実)


ピカソのコーナーでカメラを構えたら、
写真禁止と言われた。




あ、ゲルニカ見てたら、近くにいた子供にカバンの紐を思いっきり引っ張られました。
体の前に持ってたし、カバンの空け口もしっかり手で押さえていたから大丈夫だったけど、
びっくりしたね。
で、「ソーリー」って言われた。
言うならやめろ!!
親にめっちゃ怒られてました。当然です。
当然ですが、怒る親でよかった。
先進国(日本)感覚ではまともな親ですよね。
世界には、逆に『失敗しやがって!!』と怒る親もいますから。






もとは病院だったという建物。
P6260136.jpg

P6260131.jpg








それにしても、マドリッド、
前回来た2か月前よりも格段に暑いです。

2か月前は、朝晩はフリースを着ないといけないくらい寒かったのに
今は一日中暑い。
朝、町の温度計、

35℃。

暑いわけだ…。



そしてゲルニカ見に行った夕方、

35℃。

マジかっ!!!

[2012/06/26 06:36] | スペインその2
トラックバック:(0) |


mary
生ゲルニカなんて
生つばもんですな!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫maryちゃん

教科書で見たやつ、生で見られるなんて嬉しいよねー

コメント:を閉じる▲
今回、上京した晩、横浜のマキちゃんがお家に泊めてくれましたー。

マキちゃんとは・・・



ベネズエラ・シウダーボリバルのバスターミナルで会い、
メリダで再会して、
そのままコロンビア・ボゴタまで移動を共にして
ボゴタでしばらく一緒に過ごした、あのマキちゃん(アイスクリームを求めて その後参照)。

夕飯も朝ご飯もごちそうしてくれました。
ありがとう。
P6230007.jpg



私より前に帰国し、もう働いてるマキちゃんは、以前よりも背が高くなってた。




そして、翌日、
東京観光!!!



私の人生振り返ると、東京観光、皆無に近い。


初めての東京は、大学一年の時。
FIELD OF VIEWの赤坂での解散ライブに一人で行ってきた(日帰り)。
早めに東京に行ったのに、仕組みが全く分からず改札から出られなくて、ひたすら東京駅内をうろうろしたっけ。
んで、渋谷の東急ハンズに行って歯ブラシ買っただけ。
あとはひたすら山手線に乗って、ちゃんと一周することを確認して感動してたな(笑)。



あと東京に来たのは、
今回の世界一周旅行の出発と、一時帰国だけで、
どちらも空港と東京駅間の電車移動しかしてないから、ほとんど東京って感じじゃなかったし。






そんなわけで、今回、首都・東京をちょこっと観光することにしたのですー。




まずは、東京タワー。

P6230033.jpg



スカイツリー旋風の今、東京タワーですが、何か??(笑)

美しゅうございました。

けれど、私の目当ては東京タワー・・・・・





のそばのこれ。




P6230022.jpg
みただけ。





地下鉄に向かう道中、お線香の香りがするなぁ・・・


と思ったら、

んぁ?
P6230044.jpg



入ってみた。
増上寺は徳川家ゆかりのお寺らしくて、徳川一族の墓所がありました。
P6230035.jpg



東京来たら、徳川!!って思ってたので、なんか縁だな。。。

お寺の結婚式もしてた。
縁起がいいなぁ。
P6230040.jpg








昼過ぎ、あるお方と待ち合わせ。
銀座です!!
銀座で待ち合わせなんて、緊張しちゃう!!!
私にはない世界だと思ってたので(超田舎もん)。

それは、ウシュアイアで一週間過ごして、その後、チューニョ時代(笑)のプーノで再会した ゆうこさん。

ゆうこさんは私がブエノスアイレスの上野山荘に行く直前にチェックアウトして面識はなかったんだけど、宿にたまたま貼ってあった写真をみてて、彼女の顔を覚えてた。
で、私がブエノスアイレスからウシュアイアに向かう途中で乗り換えたバス停で、もしかして・・・って声をかけたのがきっかけで、彼女もバスは違うけどウシュアイアに向かうということで、一緒にウシュアイアの上野山荘に行ったってわけで。

あー、長い説明、読みづらくて失礼。



彼女と銀座でランチして、
ショッピングして、
皇居行って、
お茶した。

P6230047.jpg

うーん、なんてきらびやかな響きなの!!??




皇居は行ったことがなかったので、行ってみたかった。
出発に際してもなんか、気が引き締まった気がしたし。

P6230064.jpg

P6230087.jpg


にしても、ゆうこさんから、
『えみりあちゃんは外国人』の称号頂きました!!!

P6230080.jpg


楽しい時間をありがとう!!






ゆうこさんと別れてから、
やっぱりの



P6230103.jpg







昔は、名古屋で地下鉄と近鉄を間違えるありさまだったのに、
半年以上も外国にいて、いろんな国の交通機関を使っていたからか、
10年前の東京より、スムーズに交通機関使えました。
自分で言うのもなんだけど、成長したなぁ。



P6230084.jpg
東京はマンハッタンやった。





さて。今晩は、羽田空港のベンチで寝ます。
ベンチはふかふかなので嬉しいな。
P6230108.jpg




あっ、今、韓流の有名人通って行ったみたい!!
芸能界疎いから分からないけど、いい男でした(うっふっふ)



明日は朝6時半くらいのフライトなので、寝坊しないようにしないと。


マドリッドに戻ります。
そこからまた旅を続けるのです。

[2012/06/24 00:38] | 日本
トラックバック:(0) |


とる
ゴマキ!会えそうで会えなかったゴマキ。胸元ちらつかせていい感じですね!
ゆーこさんにも会ったんだね!ゆーこさんとえみりあが銀座wなんか変な感じ!二人とも南米のイメージだからなぁ。
皇居もいいけど、次回の東京観光は是非靖国神社へ。東京タワーは未だに行ったことないわw

Re: タイトルなし
えみりあ
≫とおるくん

そういえば、とおるくんと言えば靖国神社だったね。
帰国した際には行ってみよう。
やっぱ、再会も日本ですると一味違うね!!

コメント:を閉じる▲
4月13日に一時帰国を果たし、2か月以上経過しました。


帰国して一番驚いたのは、
イモトアヤコが普通の人になってたこと。
誰かわからんかった。





当初は夏~秋くらいに一時帰国を予定していたのに
色んな状況が重なり、
このタイミングですることになったのですが・・・。









大学時代の仲良しの友達の結婚式

大学時代のゼミの友達の結婚式

元職場の同期の結婚式


見事に重なってくれたうえに、
地球の裏側なのに声かけてくれた仲間の絆に感謝。
きれいだったよー☆☆☆




帰国して一週間後には、バイトしてました(笑)。

前職です。

久々の仕事は、新鮮で、楽しくて、「働くっていいな」って全力で疲れて眠る毎日でした。
体が仕事を覚えていたこともびっくり。
もちろん忘れていることも多かったけど。
何より、自己都合で辞めたのに、短期なのに、歓迎してくださって嬉しかった。

P5220335.jpg






一時帰国中は、ホントにたくさんの友達とご飯食べにったり、飲み会したりして
忙しい毎日を送ったな。

P5110256.jpg

IMG_0016.jpg

P5210309.jpg

P6050390.jpg

P6050382.jpg



みんなありがとう。






先日、台風の中、メキシコ・カンクン、ベネズエラ・エンジェルフォールで会ったショウさん・理恵さんが名古屋に来てくれ再会。
地球の裏側で出会ったのに、日本で再会するなんてふしぎー。
そして、一時帰国中の私と、世界一周を終えた二人。
なんだか不思議ですが、楽しかったし、またまた助けてもらいました。
P6190715.jpg

そして二人は台風の中、また明石へ帰って行かれました。









そうそう、実はこの一時帰国中の交通事故・・・。


へこみましたがね、
保険屋さんに電話したとき
「それは大変でございましたね」の一言。
日本に感動いたしました。
日本って素晴らしいな。
海外ってそんな言葉ないもん。
ほっとしたのと、嬉しさのあまり、ホロッと来ちゃいました。




帰国直後は、
日本って冷たい国だなぁ・・・物はあふれてるのに、心はないんかいっ!!!
って思ってましたが、
日本もいい国です、はい。
ガードが堅いんでしょうかね。
当初は、利便性の高さとコミュニケーションの低さは比例すると思ってましたが、
そうでもないようです。






日本にいると物欲が激しくて、
ついついいろいろ買ってしまいました。
お菓子とかね(笑)。
食べすぎたわ。
太りました。


準備は一からだったけど、
おかげで荷物も増えたのでバックパックが閉まらなかったらどうしよう・・・。
背負えなかったらどうしよう・・・。



というわけで、パッキングして試してみたら、意外と背負って歩けたのでよかった。
調子に乗って近所の公園に行ってきました(車で・笑)。

そんで、調子に乗ってモデルごっこしてきました。


P6180541.jpg

P6180551.jpg

P6180696.jpg

やっぱ、でぶちんになっとる。。。





家を出てから8か月。
お母さんはパソコン教室に通いだしていたし、
弟は、ちょっと頼もしくなってた。
お父さんは・・・おなかが成長してました(汗)。


次に帰った時、日本や友達や地元や家族はどんなふうになってるのかな。
楽しみ。









そんなわけで、
明日、いよいよ再出発です。

わくわく



まずは、東京観光から☆
スカイツリーやーーー

[2012/06/21 23:01] | 日本
トラックバック:(0) |

いよいよ
りの
明日たつのねー!
カラダを大事に楽しんできてね( ´ ▽ ` )ノ
私も、つぎえみりあが帰ってくる頃には家族が一人くらい増えていたらなぁって思います(*・ω・)
忙しい合間をぬって時間を作ってくれてありがとうでした!
グッドラーック!!(^O^)/

Re: いよいよ
えみりあ
≫りのこ

ありがとう。
みんなにもらった元気いっぱいで出発します。
にぎやかな家庭になるといいねー


mary
あえてうれしかったよ!結婚式もきてくれてありがとう!次に会う時はJrがいくつになっているんでしょうか。Jrの手袋まで入って居た事に感動しております。楽しんできてください。私も無事に生み出したいと思っています♪
AdiosそしてBless!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫maryちゃん

私も会えてうれしかったよ。お招きいただいてありがとうございました。
ちびちゃんの成長、私も楽しみにしてるよー。

コメント:を閉じる▲
今回は、最後の最後、

コレラ(二回目)。




コレラは注射ではなく、ゴクンと飲むタイプ。




レシピはこちら。





P6010354.jpg

これがコレラセットです(笑)




P6010355.jpg

150㏄の冷水に



P6010356.jpg

魔法の粉を入れます。




P6010359.jpg

しゅわわわわわわわわわ~~~~~~ってなります。
においはマスカットかな?






ここに





P6010360.jpg

ついに出ます、コレラの素。





P6010362.jpg

入れます。


P6010363.jpg

混ぜて飲みます。






P6010367.jpg


コレラを寝起きで飲む女、えみりあ。





味は、ちょっとしょっぱい、炭酸のマスカットジュース。



まずくはないけど、毎日飲みたくない味。





そーいえば、前回これらを飲んだ後、数時間後、


下痢になりました・・・。























あっ、ついでの話ですが、

6月3日に再出発の予定でしたが、


延期します。

もちょっと、日本でのんびりしますー。
再出発は、6月24日です。

[2012/06/01 13:32] | 日本
トラックバック:(0) |

その後お腹の具合は大丈夫かい??
たくさ
ボリパーの残りっぷりすごいわーww

それはそうと、コレラ飲料斬新だね。
安心して旅するためなら、国内での下痢くらいどんと来い!!ってなもんですかね。しかし、実際トイレで神様に祈りを捧げる段になるとそうも言ってられないけど。

Re: その後お腹の具合は大丈夫かい??
えみりあ
≫たくさ

ボリパー、結構落ちたけど、まだまだしぶといです。
そちらはいかが??
日本の下痢、ホント可愛いもんですわ―。
滅多にお目見えしませんが(笑)
コレラは未知数だけど、南米もそーとーでしたね、懐かしい・・・。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。