東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンボに戻ってきた翌日の朝。

私は町中にほど近い、住宅地の中にある、あるオフィスを尋ねました。

Indian Visa Application Center

インドビザの受け取りをするためです。




前回、デング熱から回復し、退院した直後、
ふらふらしながらも申請は済ませておいたのです。

もともと、スリランカに来たのも、

インドビザの取得が比較的容易で、しかも安く、しかも6か月ビザが取得できる

と聞いたから。

現在、インドビザの申請は、ウエブ申請で対応されており、
書類に少しでも不備があると受け取ってもらえなかったり、
訂正に追加費用が掛かったりと、けっこうめんどくさいらしいのです。

でも、ここ、コロンボには、そういう申請書の作成を代行してくれる代理店があり、その手数料もそれほど高くないのです。
申請書に添付する写真のサイズなんて、インドらしく、奇想天外なサイズだし、
その辺も精通している代理店を使わずに、いつ使うんだって話(笑)。



外周を一周して、一度コロンボに戻ってきたのも、もともとは申請のため。

デング熱で倒れていなくても、コロンボには戻ってくる予定でした。

そして申請から受け取りまでは一週間ほどかかるので
その間に内陸をまわるという計画を最初から持っていたのです。

とはいうものの、
スリランカ入国してすぐに申請しておいてもよかったんだけどね。






で、この日は、ビザの受け取りに一日費やすつもりで、朝から気合十分。

通常、コロンボでのビザの受け取りに置いては、
午前中にパスポートを預け、
夕方、ビザつきのパスポートを受け取るというシステム。




しかし、ビザオフィスに行くと、
なんだか少し様子がおかしい。
何人かが門の前に集まっているけど、
なぜかみんなそのまま散って行ってしまう。


なんだなんだ??

と近寄ると、



門が閉まっている!!!




え?
何で???





ガードマンに尋ねると、


『今日は祝日で営業していませんよ。明日来てね。』





は?
まじ???






どうやら、この日はインドの祝日なんだとか。
しまった!!
休館日の確認しておくの忘れてた!




とはいうものの、私のスリランカビザは明日で切れるし、
明日の午後1時半のフライトチケットもすでに購入済み。



もし、ビザが取れなかったら、
スリランカビザの延長はするにしても、
フライトは変更できないし、買い直しとか嫌すぎる!


近くの代理店のおっちゃんに相談したら、

『それじゃあ、明日の朝一番に来て、受け取り手続きするしかないね。
『今日のフライトだから』って頼んだら、何とかしてくれるかもしれないよ。
絶対とは言えないけど、やってみるしか方法はないね』





そうだよね・・・。




あー
テンション下がるわぁ


そして燃えるわぁ~~~







そして翌朝、バックパックを背負い、ビザオフィスが開く前にビザオフィスに行き、開門を待つ。



開門と同時にアタック。

ビザ受け取りの申請。



思惑通り、担当のおねぇさんからは、夕方受け取りねーという答えが返ってきた。




すかさず血走った眼で訴える。

『今日の午後1時ののフライトなんです。
お願いします、何とか今すぐ受け取りできませんか!?』




おねぇさんはちょっと驚いた様子。

そりゃそうだよね。


『ちょっと待って。大使館に確認してみる。
今は大使館がまだ開館していないから、あと1時間くらいしたらまた来てくれる?』


ここのビザオフィスは、大使館からの外部の業者に委託している、ビザの窓口にすぎない。
だから、ここの職員の一存ではできないのだ。
それでも、それくらいの融通を聞かせてくれるところはホントにありかだい。




一時間ほどして再び窓口へ。


少し待たされ、

大使館に直接行くようにと、小さな紙を渡された。





この時点で、私のフライトまであと3時間を切っていた。

飛行機のチェックインカウンターは30分前には閉まるだろうし、
空港まではタクシーをぶっ放しても1時間以上はかかる。



そりゃね、金を出せば済む問題なんだよ。
スリランカビザも延長できるし、
フライトチケットだって新たに買い直せばいいだけの話。


けど、できれば避けたい。
少しでも可能性があるなら、頑張れるならがんばりたい。
行けるなら、予定通りいきたいじゃん。


こんなとこでインドに負けたくなかったんだ。
変な意地だと思うけど、
やっぱり私にとって『インドに行く』ってことはすごく特別なことだから。






トゥクトゥクを捕まえて大使館に走る。

『1時のフライトなんです、お願いします、急いでください』

大使館の窓口で、ビザオフィスで手渡された紙を渡して手続き。
受け取りを待つ。



待っててと言われベンチに座るが、

さすがインド大使館。
動作がノロい。



インド人(と思われる)担当スタッフは、

『ノープロブレム』

とかいいながら、超ゆっくりダラダラ歩いてるし。

ノープロブレムじゃないし!
飛行機、間に合わなかったら、ちょープロブレムだし!!




かなり時間をロスし、やっとのことで受け取り完了。



一息つく間もなく、外に出て再びトゥクトゥクを捕まえる。
そしてそのまま空港へ。

s2014PA242266.jpg


そういえば、スリランカに入国した日も宿までトゥクトゥクのお世話になって、
出国の際もトゥクトゥクのお世話になってる。

こんな国は初めてだ。






それにしても道はひどい渋滞。

運転手は「飛行機、1時だろ?大丈夫!大丈夫!!」とへらへら笑ってる。
ホントは1時半のフライトだけと、1時って繰り上げて言ってなかったら、もっと大変なことになってたかもしれない。
大使館を出た時点で11時半を過ぎていた。

『あのね、飛行機ってね、30分以上前にチェックインカウンターが閉まっちゃうんだよ。
そしたら乗れないの。
バスや電車いみたいに遅延なんてないし、
5分前で余裕~とか、そんなんじゃないから!』



たまたまスリランカのお金がかなり残っていたから、お金の面での心配がなかったのが救いだ。


それに、心の奥には『もし間に合わなかったら、次のフライト買い直そう』って思ってたし。





結局、1時間半かかり、
空港に到着したときは、フライト30分前。
チェックインカウンターまで全力で走る。
案の定、受付は閉まっている。

『もう、チェックインは終了したよ。あきらめなさい。』

でもここまで来て引くわけにはいかない。

1%でも可能性を信じて
必死で頼み込む。


相手はどこかに電話をかけ、それから、やれやれとチェックインしてくれた。

よかったぁ・・・。

それからお兄さんと空港内を全力疾走し、

何とか滑り込みセーフ。





はぁーーーーー。

まにあったぁーーーーーーー



最後はバタバタしたし、
トラブルも多かったスリランカだったけど、
それ以上にたくさんの人に助けられた。
その人たちのおかげで、上手いことやってこれたんだ。

感謝してもしつくせないなと思う。



見どころも多く、人も穏やかで、ご飯も口に合うものも多かったし、宿も安宿と言っても決して安くはないけれどクオリティはそれなりにある。
クオリティが高い分満足度も高いから、
バックパッカーと短期旅行者が一緒に旅行しても、比較的ストレスが少ない国なりかもしれないな。

というわけで、私はスリランカを強くお勧めしたいと思います。


あ、ただし、蚊にはきをつけて。






機内でやっと一息つき、機内食を食べ、
そんな、大好きなスリランカを振り返っていたら急に睡魔が襲い

夢の中へと旅立っていきました。
スポンサーサイト

[2015/02/02 20:41] | スリランカ
トラックバック:(0) |
大満足のエッラを出て、首都コロンボに戻ることにした。


あと3日でビザも切れるし、

本当はもう少しゆっくり居たかったなぁ。


もっといろいろな場所に行きたかったけど、
そろそろ出ます。






エッラを出る前日も、宿の向かいのカフェの日本人の女性オーナーとおしゃべり。


エッラからコロンボへのバスについて情報をもらっていたら、

『スリランカの列車には乗った?
エッラからヌラオヤ(ヌワラエリアの最寄駅)までの区間の景色がとても素敵なの。
もし、時間がないのであればその区間だけでも乗ってみて。』

とアドバイスいただきました。




そーいえば、列車乗ってなかったなぁ






翌朝、エッラの列車駅に向かう。


小さいけれど、庭に線路が通ってるみたいなかんじでかわいい。

s2014PA222147.jpg

ツーリストは欧米人が多い。
スリランカは欧米人に人気の国なのかな。
インドとセットで来るのかな。



そんなことをぼんやり考えながら電車が来るのを待っていると、




ん?



撮影??

s2014PA222149.jpg





あ。電車、来た来た!!

s2014PA222150.jpg



席はほとんどフルだったけど、
ある家族が、
「ここに座りなよ」
って席を詰めてくれた。

ありがとう!


それから、撮影大会&質問の嵐(笑)。

s2014PA222154.jpg

s2014PA222159.jpg


隣に座った女の子は、ちょーテンション高くて、
最初から最後まで質問攻め。

「どこ行くの?」
「歳は?」
「学生?社会人?」
「名前教えて!」
「どこの町に行ったの?」
「エッラで何してたの?」
「スリランカ好き?」
「何色が好きなの?」
「どんな食べ物が好き?」
「何見てるの?」
「今何考えてるの?」




・・・元気だねぇ。





この列車に乗り込んだ時から、私の頭の中では例のテーマソング付きで、石丸謙二郎がナレーションしてるわけですよ。

気分は『世界の車窓から』


『今日は、ヌラオヤに向かいます』

って渋い声が渦巻いてる(笑)





すると、車内を練り歩く、先ほどの駅で見た撮影隊!

s2014PA222184.jpg


カメラの後ろのディレクターみたいな人が盛り上げて、
車内はお祭り騒ぎ!




なんかね、




完全に『世界の車窓から』だったよ。


でも撮影スタッフは、全員欧米人なんだよねぇ。

『世界の車窓から』は外国から映像を買い取ってんのかな。
それとも普通に、欧米の番組のロケなのかな。


死角すぎて、私はカメラに映ってはないと思いますけど。




でもなんか、すごく貴重な場面に遭遇した気分。






撮影隊は途中の駅で降りたのか、途中から全く姿が見えなくなったけど、

勝手に『世界の車窓から(笑)』は面白かったです。







あ。そうそう。



素晴らしいっていう景色は、
前半は乗り合わせた家族と絡みで、外はほとんど見れなかったかだけど、


ヌラオヤに近づくにつれ、ホントに素晴らしい景色が広がっていた。

s2014PA222193.jpg

s2014PA222201.jpg

s2014PA222181.jpg

s2014PA222211.jpg

s2014PA222215.jpg

s2014PA222224.jpg

s2014PA222226.jpg

s2014PA222228.jpg

s2014PA222233.jpg



これだけでも見れて大満足だよ。

だって、この前は、ヌワラエリア周辺なんて、天気悪くて何も見えなかったもん。










ヌラオヤに到着し、ヌワラエリアのバスターミナルまで移動。



駅前で、ヌワラエリア行きのバスを見つけて乗り込んで出発を待っていると、

見覚えのあるおっちゃんが、窓の外から話しかけてきた。


「やぁ、どうしたんだい?また戻ってきたの?」


ヌワラエリアで泊まった宿のオーナーだ。


今、エッラから電車で着いたとこ。
これからバスでコロンボに戻るんだよ。
おっちゃんは、今日はここで客引き?
お客さん、見つかるといいね。



おっちゃんは笑顔で去って行った。


ほんの一泊だったのに、覚えててくれたのはちょっとうれしい。





ヌワラエリアで再びバスを乗り換え、
コロンボに向かう。


隣の席は、オーストラリア人のおっちゃん。
彼はスリランカにハマって、何度も来ているそうだ。
今回も数か月にわたっていろいろまわっていると言ってた。



ホントにスリランカはのどかで、自然も遺跡も文化も豊富だし、ご飯もおいしいし
私にとっても超ツボだった。

だから、その気持ちはすごくよくわかる。




やっぱり昼ごろになるとヌワラエリアは天気悪くなるね。
けど、この道は何度も走ったけど
紅茶畑は壮大だ。


s2014PA222255.jpg

s2014PA222238.jpg





コロンボに着いたのは陽が暮れていたけど、

3回目のコロンボも、
いつもお世話になっていたホステルへ。

少し距離はあるけれど、
新たに探すのもこんな時間では大変だし、
なにより、とてもお世話になった宿だから、最後はそこで過ごしたい。




宿にチェックインした翌日、前回も前々回も親切にしてくれた、
英語超早口ペラペラの欧米人スタッフ・キャロリーナが迎えてくれた。

「えみりあ!
あなたが来ていると知ってとても驚いたわ。
また会えてとてもうれしい。
あれからすぐに(退院翌々日)あなたは出て行ってしまったじゃない。
心配していたのよ、体調はもういいの?」



とても嬉しかった。
『宿泊客』としてだけではなく、
『人』として人間関係を持ってくれてたんだって。





明日、次の国のビザを受け取り、
明後日、スリランカビザが切れる日に、次の国へ発とうと思います。

[2015/02/02 19:46] | スリランカ
トラックバック:(0) |
天気も良くないし、完全に不発に終わったヌワラエリアを後にして
エッラという町に向かう。




ヌワラエリア、宿はよかったんだけどねぇ。

ツーリスティックで疲れちゃったのもある。







エッラに向かうバスの景色は、なかなかのもの。
とくにヌワラエリア周辺はイギリスの名残を感じる。

s2014PA191974.jpg





途中、雨が降りだし、エッラに着いた時には土砂降り。


エッラは小さな町なので、立派なバスターミナルなどはなく、
道のど真ん中に降ろされた。




ともかく、近くの店に雨宿りさせてもらう。




『宿は決めてあるのか?』


雨宿りさせてもらっていたお店にいたおっちゃんに声をかけられる。


特に決めていないけど、安くていいゲストハウス知ってる?


『それなら紹介してやるよ。乗りな。』


おっちゃんはトゥクトゥクのドライバーだった。
特に当てもなかったし、ここはひとつ乗っかってみるか。




おっちゃんが紹介してくれたゲストハウスは、予算内だったし、トイレ付でなかなか快適そうな部屋だったので、そのままチェックイン。

時間が許す限り、ここでゆっくりしよう。



オーナーがウエルカムティーを出してくれた。

思えば、紅茶の国・スリランカに来て3週間以上経っているのに、
ポットでストレートティーを飲むのは初めて。

なにげに嬉しい。





どうやらこの季節、このあたりは昼頃から雨が降り出してしまうみたい。

観光するなら午前中のみ。
朝寝坊な私には、ちょっときついぞ(笑)。



周囲にいろいろ見どころはあるみたいだけど、午前中のみとなると全部は難しい。

私が行ったのは、

ナインアーチブリッジとリトルアダムスピーク。


ナインアーチブリッジは、山の中を通って線路に出る。
そんなに遠い道のりではないけど、ちょっと冒険気分で楽しい。

s2014PA191995.jpg

マジで藪の中とか歩いたし。

線路とかも歩いたし。

s2014PA191992.jpg


お。なかなかいいじゃん

s2014PA192011.jpg

s2014PA192014.jpg



朝、電車が通る時間を狙って、もう一度行ったら、なかなかいいものが見れた気分!

s2014PA202036.jpg

s2014PA202039.jpg


帰り道、ジーパンの中に違和感を感じまくって、急いで宿に帰ってみてみたら、


ヒルが5匹くらいくっついてた!!


ひえ~~~~

しっかり血吸われたし!







リトルアダムスピークは、スリランカで一番高く、聖地としてもあがめられている山のミニ版。

それと形が似ていて、気軽に登れる高さの山ということでその名がついたらしい。



体力の落ちている私でも登れる、ホントに気軽に登れる山だった(笑)

s2014PA212089.jpg


頂上からの景色は、少し雲がかかっていてきれいには見えなかったけど、
なかなか壮大だ!!!!

s2014PA212088.jpg

s2014PA212099.jpg

s2014PA212097.jpg

s2014PA212122.jpg

s2014PA212125.jpg



あー、この後天気が崩れなければなー。
いろいろもっと散策するのになー。

でもまぁ、自然のことなので仕方ない。





ふもとのカフェでお茶。

s2014PA212128.jpg

景色ながらお茶とか、贅沢!!




でも、雨降ってきたので退散(笑)。







ここ、エッラの周囲は、お茶畑がいっぱい。

それを見ながら散歩するのもすごく楽しかった。

s2014PA202065.jpg

s2014PA202077.jpg

s2014PA202070.jpg

このおばちゃん、写真撮れっていうので撮ってあげたら、お金要求されました。

なんでやねん。






午後は雨降りなので、宿でのんびり。


夕飯は宿で頼んだんだけど、

このごはんがすごくおいしかった。

s2014PA192027.jpg

s2014PA212144.jpg






泊まっていた宿の前に、日本人女性とスリランカ人男性の夫婦の方がやってみえるカフェがあって、よく立ち話してました(笑)。


久々に日本語話したなー


一度お茶いただいた。

s2014PA212132.jpg

すてきな店内で、まったりしちゃいました。

s2014PA212133.jpg






エッラの町中(と言えるような町ではないけど)は、少しツーリスト向け傾向だったけど
少し離れれば完全に田舎。

というか、山。


のんびりしてて、

自然豊かで、

ホントに気持ちのいいところだった。



ここはもっとゆっくり居たかったなー。

私の桃源郷。



そろそろビザが切れるので、コロンボに戻りたいと思います。

[2015/01/19 04:19] | スリランカ
トラックバック:(0) |


riko
素晴らしい場所ですね!いい場所を教えていただきありがとうございます。

Re: タイトルなし
えみりあ
≫riko さま

コメントありがとうございます。
エッラはとてもお勧めします。また行きたい場所です。

コメント:を閉じる▲
キャンディを出てヌワラエリアへ向かう。


ヌワラエリアはスリランカでも有名な避暑地らしい。


そして、ここには





紅茶のファクトリーがある!!!



私はコーヒーが飲めないので、紅茶派です。
日本にいたときは、お茶専門店に通っていろいろコネクションしてたこともあります。
味の違いはさっぱりですが、優雅な気分になれるってもの(笑)。
色んな花びらの入ったフレーバーティーが好きだったな。






ヌワラエリアの町に着いて、客引きのおっちゃんについて宿に向かった。


町から少し離れた丘の宿は、
なかなかいい宿だった。
アボガドサラダくれたし(笑)。

s2014PA181956.jpg

s2014PA181953.jpg

ま、最初は怪しいかなとか思っちゃったけどね。
おばちゃんは片言の日本語話すし、おっちゃんもちょっとおせっかいだし。







で、この町に着いたのが昼ごろだったけど、紅茶のファクトリーに行ってみました。


バスで30分。
ラブ―ケリーティーセンター




あいにくの雨。

絶景らしい紅茶畑も、真っ白。

s2014PA181940.jpg

s2014PA181938.jpg


とりあえず、無料でガイドしてもらえるという工場見学をしようと、受付で申し込むと、

『ちょっと待ってて』

と言われたまま、放置。





ぽかーん。




・・・・。



・・・・・・・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・。







見学は自由っぽかったので、一人でうろうろしてみた。


s2014PA181945.jpg

s2014PA181942.jpg

s2014PA181946.jpg


ま、全然なんのこっちゃわかんなかった。

だからツアーして。







気分を変えて、併設のカフェで紅茶でも飲もう。


店員さ~~~ん






・・・。



・・・・・・・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・。



ここも放置プレイですか?







3回くらい呼んで一時間近く待ったけど、完全放置だったので





もういいや!!!



って思い、





ファクトリーを後にしました。






雨の中、バスが来るのを待つ自分が、なんとも悲しかった。




ちーーん。






でもなー、

それ以上がんばってまで工場見学したいとか、紅茶飲みたいとか思わなかったもん。











なんともついてないヌワラエリア(のティーファクトリー)。




相性悪いみたいなので、もう出まーす。


さいなら。

[2015/01/19 03:49] | スリランカ
トラックバック:(0) |
スリランカの観光ビザは30日間。



当初はスリランカの滞在は3週間ほどで出ようと思っていたけど、
思わぬ事態で一週間ほど足止めを食らい、更に体調が戻るまでは無理できないなぁと思い、
ビザの期限ぎりぎりまでスリランカにとどまることにしました。




退院時でビザの期限は残り10日ほど。


残りの日々は、
保養地にでも行ってゆっくり休みたいもんですね。





退院して2日ほどは、シャワーを浴びるだけでめまいがしてたけど、
いつまでも寝ているのはもったいないので移動することを決意。


スリランカの旅は、外周をぐるっと回るのは(一応)完了したので

中央部の高原地帯でのんびりしたいと思います。








まずは古都・キャンディへ。



日本で言うところの京都に当たる町みたい。

s2014PA161884.jpg



早速ビュースポットへ。


s2014PA171899.jpg


このあたりは、こぎれいそうなゲストハウスや、高級住宅街のような閑静な雰囲気。
景色がよく見えるのはこの場所くらいで、
あとは、ゲストハウスに併設されたカフェに入るとか、そういう感じでしか見れそうにない。




ちょっとがっかり。







そしてその対岸にある世界遺産に登録されたお寺へ。

ここは、ブッダの歯が祀られている・・・らしい。

s2014PA171917.jpg

s2014PA171932.jpg

s2014PA171924.jpg


実際見ていないから分からないけど。


s2014PA171923.jpg


でも、とても熱心に祈りをささげている人々の姿は、胸を打つ。
そして少し不思議な感じがする。

s2014PA171922.jpg

s2014PA171919.jpg


サリーやルンギを身にまとって、インド人と同じ顔をして、嘘もつかず、騙しもせず、ブッダに祈りをささげる穏やかな人々。




10年前にインドに行ったときに見たインド人は、こんなんじゃなかったぞ。
全部がとは言わないけど。




時がゆっくり過ぎていくようだった。







コロンボがビルが立ち並ぶ近代的な街並みであるのに対し、
キャンディは少し古いヨーロッパのようなどっしりとした街並みだ。

高いビルはないけれど、重厚感のある建物は多い。






スリランカはパンがおいしいけれど、キャンディの繁華街に並ぶパン屋さんのパンは絶品だった。
ショーケースに並ぶパンは、ケーキ屋さんのショーケースのごとく引き付けるものがあったし、
味もすごくうまい。

s2014PA171894.jpg





やっぱり、いつものように一日中歩き回るほどの体力はなかったけど、
シエスタしたり、ベンチでゆっくり休んだりしながらもきちんとキャンディの町を楽しめたかな。


久々の観光だったから、いろんなものが新鮮に映ったし、トゥクトゥクの客引きとかもそれほど苦にはならなかった。






さぁ、次の町へ行きましょう。

[2015/01/19 03:29] | スリランカ
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。