東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の国に行く前に、ちょっと寄り道。


というか、


ストップオーバー

ってやつです。







飛行機の乗り継ぎ時間を使って、入国しちゃうってやつ。





私のフライトも、二晩の時間があったので。








まさか中国を飛行機で出るとはあまり考えてなかったんだけど、
距離と時間と金額を考えたら、飛行機になりました。



LCCの時代だよね。






昆明から到着したのは、

マレーシアのクアラルンプール。


まさか、ここにまた来るなんて全然考えてもなかったから、お金なんて1リンギも残ってないっす。

(リンギなんて通貨の名称すら忘れてた)






クアラルンプールには、あの『とおるくん』がいて、
事前に連絡したら、



夜遅い時間なのに、空港まで車で迎えに来てくれました!!





世界一周が終わって、ミャンマーで働いていたとおるくんは、
今はクアラルンプールで頑張ってる。




ダウンタウンまで結構な距離あるのに、送ってくれて、
その間、いろんな話した。

仕事の話とか、
旅が終わったらどうするかとか、
海外に住むってこととか。


芯がしっかりしていて、でも視野が広いとおるくんは、
いろんな視点からアドバイスや指摘をしてくれる。
とても貴重な存在だなと思う。

昔は、苦手だなと思っていたタイプだけど、こういう人って、人生の中で絶対に失ってはいけない存在なのだと、近年よく思う。
そんな出会いがあったのも、旅をしたからこそ出会えた人の一人。





とおるくん『俺は、旅が目的じゃなかったからね』

えみりあ『えー。じゃあ、とおるくんの世界一周は何だったの?』

とおるくん『んー・・・散歩。』



さ・・・散歩って・・・。
ざっくり過ぎるというか、あっけらかんすぎるというか、笑ってしまった。



えみりあ『とおるくんは沈没とかしないの?』

とおるくん『沈没、しないねぇ』

えみりあ『ちょっと疲れて休みたくなったり、しばらくとどまって考えや気持ちを整理したいと思うことはないの?』

とおるくん『ない。』



頭が良くて、回転が速いとおるくんは、常に頭の中が整理されているんだろうな。
そしていつも余力があるんだろうな。
それは最も大切な事って、私も分かっているけど。



えみりあ『沈没って、充電だからね。私はたまにやらないとしんどい。中国の終盤もそんな感じだったかなぁ。』

とおるくん『いいじゃん、えみりあらしくて(笑)』




とおるくんと話してると、客観的にいろいろ笑えてくるわ。




沈没って、賛否両論あるけど、
確かに、肉体的には、いい言い方をすれば『休息』だけど、
違う面でのアンテナがビンビン立っていたりすることも多い。

バーンアウト(燃え尽き)による沈没は私も避けるようにしてるけど、
自分でコントロールできる沈没(=休憩)は、大事だと思う。




チャイナタウンまで送ってくれて、
とおるくんおすすめの安宿も紹介してくれた。

たくさん話ができたし、充実した時間だった。



なのに、写真撮るの忘れた。
ごめん!!




とにかくとおるくんは元気でしたよ。








とおるくんが紹介してくれた安宿は
スタッフもすごく親切だったし、ネットもサクサクだったし、立地もいいし、なかなか安かったし、
めっちゃ快適でした。




ドミには、欧米人がいて、久々に英語話したし、
中国人のチャリダーもいて、彼は日本語もできたから、日本語や中国語も話したし、

とおるくんも含め、いろんな話を色んな人としたんだけど、
やっぱ、

言葉でアウトプットするって大事だね。

自分の気持ちがすごく整理された。


s2014P9240876.jpg




前回のクアラルンプールは、それこそ沈没してて(笑)、
体調も悪かったし、ちょっと人に疲れていた部分があったんだけど、

今回は、町を歩くだけで、前回と全く違った人々の表情を感じた。




一番大きいのは、


『私、外国人って見られてる』

ってこと。



中国では、中国人だとずっと思われてたから、特に相手にされることはなかったけど、

すごい新鮮!!






まぁ、それは置いといて、




チャイナタウンの腕時計屋さんで、電池交換してもらった。

旅に出る前、オカンが買ってくれた時計は、
バンドが千切れかけてるし、デジタルが壊れてるけど、ずっと使ってる。


電池交換、実は壊れてるデジタルの方をされて、肝心のアナログの方は止まったまま。


後から気付いて、もう一回お店に行ったら、
交換してくれたお兄ちゃん、
めっちゃ商い中!!

仕事熱心やった。

アナログの電池も、『いいから、いいから』ってタダで交換してくれた。

s2014P9240882.jpg


いままで、チャイナタウン、うるさいし客引きが多くて辟易してたけど、

今回、もう一度これてよかったなぁって思った。

やっぱ、立ち位置や、物の見かたって大事だね。




前回も通った中華系のフードコートも健在。

s2014P9240877.jpg

s2014P9240879.jpg




というわけで、

ストップオーバーという名の寄り道もここまで。


次の国に向かいます。
スポンサーサイト

[2014/11/15 22:04] | マレーシア その2
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。