東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの京都・ルアンパバーンの郊外にある

クアンシーの滝。







向かう車の中で出会った(自称?)中国人フォトグラファーのおじさんと一緒にまわることになった。





中国人は皆すごいカメラを持っている。

コンデジで旅行している人はほとんどいない。

カメラだけではなく、レンズもすごい。

超ズームのレンズから、フラッシュから、とにかく品揃えがいい。



おじさんの大きなリュックの中は、すべてカメラの機材だった。




私は相変わらず、愛用のコンデジですけど。








クアンシーの滝は、中国語では『広西瀑布』と書く。

『広西』って、中国の華南エリアの省の一つだったよね。
確か、南寧が省都だったと思う。
広西省は東南アジアに近いし、なんか面白い。




クアンシーの滝は、入り口にツキノワグマの飼育所があって、
のしのしのんびり歩くクマがかわいい。

s2014P2051447.jpg

s2014P2051443_2014020901575054e.jpg

s2014P2051449.jpg



しばし、林の中を歩いて行くと、

s2014P2051451.jpg



大きな天然のプール。

s2014P2051455.jpg


欧米人はこぞって泳いでました。
私も水着着てこればよかったな。。。






クアンシーの滝は、パムッカレのように段々になったプールが連なっている。

s2014P2051476.jpg

s2014P2051461.jpg

s2014P2051486.jpg

s2014P2051491.jpg


中国人のおじさんは、

『九寨溝の縮小版だな』

と言っていた。




そうなのかぁ。



九寨溝は中国人のアイデンティティであり、誇りらしく、

出会う中国人に、あいさつのように

『九寨溝には行ったのか?』

と聞かれる。

行っていないというと、

『何故いかないんだ!!あんなに素晴らしいのに』

と言われる確率が非常に高い。


九寨溝は、成都を拠点に行けるので、前回の中国の成都滞在時に行こうと思えば行けた。

でも、行かなかったのは、

クロアチアのプリトヴィッツェと、トルコのパムッカレと同じような景色

ときいていて、どちらもそれぞれ十分満足していたのと、

入場料が200元と高かったから。これに園内の交通費が別途かかるらしいので、まぁ、いいや、となった次第。


実際に自分で行って、自分の目で確認していないので、本当はプリトヴィッツェやパムッカレを越える美しさかも知れないし、
食べず嫌いではいけないとは思うけど、
その時行きたいなと思わなかったんだから、仕方ない。

s2014P2051496.jpg



滝はこんな感じだった。

s2014P2051533.jpg

s2014P2051514.jpg

s2014P2051551.jpg

s2014P2051509.jpg


いやー、
予想していたよりいいかも。


マイナスイオンとか、よくわからないけど、

自分の足で歩いて、
緑の中を歩いて、
水の音を聞きながら、
水しぶきを浴びて
きれいだなと思ったら

健康的にもなるし、きもちいいのは当然だな。



久々に滝を見たけど、
やっぱり自然の中にあるものって好きだなぁ。










夕方は、ルアンパバーンの町に戻って、夕日を見に行った。

s2014P2051573.jpg

s2014P2051579.jpg

この日は雲がかかっていてきれいに見えなかったけど、
山にゆっくり太陽が落ちていく様が、すごくきれいだった

s2014P2051592.jpg

s2014P2051595.jpg

s2014P2051627.jpg


山に囲まれた、ルアンパバーンの町。
山岳地帯のラオスという国。


もっと積極的に自然の中に入って行って、
すてきな景色を求めていればよかったな。
ちょっとのんびりしすぎた東南アジア、ちょっともったいなかったかも。


夕日は、景色を全く違う表情にするから
神秘的に感じる。

s2014P2031370.jpg


明日は晴れるかな。
スポンサーサイト

[2014/02/25 21:53] | ラオス
トラックバック:(0) |
バンビエンは長期旅行者に人気の町らしいです。





想像をはるかに超える欧米人バッパーの数に少々圧倒されつつ、
宿にチェックイン。


s2014P2011270.jpg




同じドミだった、欧米人の女子と仲良くなり、
疲れてはいたものの、一緒に街歩き。

s2014P2011271.jpg

そして、『明日は一緒にチュービングに行こうね』と約束して、
疲れていた私は夕食も食べずに寝てしまった。






チュービングは、町を流れるメコン川を、浮き輪に乗って3時間くらい流されるという人気のアクティビティ。
ひとりで行ってもつまらないのは非常に予想に容易かったので、
一緒に行く友達ができて、ウキウキしてました。

s2014P2011281.jpg

s2014P2011284.jpg



翌朝、張り切ってチュービングに行く準備をしていると、
「朝ご飯を食べて、バスのチケットを先に買ってきたいの。それからチュービングに行くわ」
という彼女。

宿のレストランで、待っているからと伝えだけれど、


同じドミの他の欧米人と行ってしまったようで、

2時間くらい待っていたけど帰ってこなかった。。









ふむ。









ひとりでチュービングしてもつまないし、


予定変更だ!!!




というわけで向かったのが、洞窟。



洞窟まで向かう景色も素晴らしかったけど、

s2014P2021296.jpg

s2014P2021336.jpg

s2014P2021335.jpg

s2014P2021303.jpg

s2014P2021301.jpg

s2014P2021311.jpg






中は鍾乳洞のようになっていて、
奥の方は電球が切れていて進めず途中までしか見ていないのですが、

s2014P2021328.jpg

s2014P2021319.jpg




洞窟は、山を登ったところにあって、そこの展望台からの景色が

s2014P2021316.jpg

s2014P2021323.jpg


私の心を癒してくれました(涙)。













夕方、宿に戻ったら、彼女も

「あなたに会えなかったから、先に行ってしまったわ」

的なことを言われたので、ただのすれ違いだったんだけどね。






洞窟からの景色がなかなかヒットだったので、満足。

バンビエンには長居せず、移動します。

[2014/02/25 21:32] | ラオス
トラックバック:(0) |
夜行バスで、ラオスの首都・ビエンチャンに早朝に到着し、
まだチェックインができないというので、町をぶらぶら歩くことにした。






東南アジアのいくつもの国にまたがって流れるメコン川。

ぼんやり眺めながら、あまり動いていない頭でこれまでの旅を振り返っていると、

背後に二人の日本人が立っていた。





日本人と話をするのも、シンガポール以来。

マレーシアでもタイでも、日本人はたくさん見かけだけど、とくに話をするということはなかった。



日本語が新鮮(笑)。







大学生で短期で東南アジア・ネパールをまわっているアキヒデくん。

そして、接骨院の先生で治療しながら旅しているという寺田さん。




これから、この川沿いで、寺田先生がアキヒデくんの顎関節症の治療をするということで、見学させてもらった。







と言っても、写真を撮り忘れてしまった・・・。







体に流れている電気と同じ電流を流すことで、

普段の生活でなかなか使うことのない筋肉を動かすことができるそうです。

リンパの流れや血行を良くする。


肩こりも同じ。

筋肉の緊張→血行不良→痛み→痛みをかばおうとする→使わない筋肉が増える→血行不良→肩こりの悪化

という悪循環。



これを施術で血行を一度よくしてあげることで、負のスパイラルから抜け出してやろうっていう作戦。




この施術が新しいのは、


手で触れるというところ。


電流が流れる手袋をつけ、それでマッサージをすることで効果がアップするそうです。



手のぬくもり
柔軟性
人の手で触れることでの相手に合った力加減


マッサージ・エステと一緒。



s2014P1301215.jpg



というか、これ、エステなんですって♪

顔面の施術は、美肌効果がアップするんですって!!!!






アキヒデくん、男前になったよ!

s2014P1301217.jpg









私も、ミャンマーでくじいた足首に若干の違和感があったので見てもらいました。


『(足、挫くの)癖になってない?』




きゃー見抜かれてる!!!!


えぇ、時々挫きますー。





手と足首に電流&マッサージしていただきました。

マッサージ・ストレッチの気持ちよさと、
電流の気持ちよさが相まって、

いや、これ、ホントに気持ちいい。

電気風呂みたい。







寺田先生は、海外にもこれを知ってもらいたいということで、
旅先でもいろんなところで施術して歩いているそうです。



まさか、出会って30分で、治療していただけるとは思っていませんでした。
ありがとうございました。

s2014P1301213.jpg


寺田先生の施術については、こちら





医療・福祉機器もどんどん開発されていき、
より機能的・効果的なものがどんどん現場で活用されつつある世の中です。

患者・利用者への効果はもちろん、
施術者・介護者の負担の軽減も非常に重要です。

でも、やはり核心となる部分は『人』。
このバランスをうまくとりつつ向上していくことが大切だと思います。
月並みですけど。


もちろん、これは医療・介護に限ったことではなく、
生きていくうえですべてに共通することだと思いますけどね。

[2014/02/13 05:45] | ラオス
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 寺田先生!
えみりあ
≫ルリコ さん

連絡先へ連絡がつかなかったので
こちらにコメントを残させていただきます。

連絡が遅くなりすみません。

お問い合わせの件ですが現在問い合わせ中です。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。