東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーに陸路で入国したんだから、陸路で出国しようかな


と一瞬思ったんですが、




飛ぶことにしました。




久々のフライトです。


最後に飛行機に乗ったのはいつだったかな?

えっとー、あれはー、たしかーーー




去年の春にスペインからチェコに飛んだ時だったかな?


それ以来飛んだ記憶がないので、それが最後だと思われる。


ということは、8か月くらいぶりなのか。




どうでもいいけど、最近(て言うほど最近飛んでいないけど)、飛行機を使った後の疲労感がハンパないので、
無意識に陸路移動に走ってしまいますが、







今回は事情が違うのだ。









ベトナムを旅してるとき、日本にいる友達から


『三週間後くらいにシンガポールに遊びに行くよーん』


ってメッセージが。


おーっ!!海外旅行いいね!ってか、仕事とかそんな急で大丈夫かいな??と思っていたけど、
当時は、マレー半島を縦断することは時間の都合上、あきらめようと思っていた。


皆には、75%無理そうとだけ伝え、
皆は残念がってくれてたけど、




実はその後、こっそりとルートの立て直しを図った。






彼女たちは、大学時代からの親友で、
国家資格の取得を目指したクラスで4年間一緒に勉強してきた仲。

9人の仲良しなんだけど、
卒業してからも年に何回か集まったり、
職場は違うけど、業種は似ていたからお互い激励し合ったり、
私が旅に出る前にもわざわざ集まってくれ、メッセージまで送ってくれた大好きな友達。
結婚した人もいるけど、大学を卒業して8年たった今も、友情は変わっていないと勝手に思っていますが、




もちろんそうですよね!?



今回はそのうちの3人が短期旅行でシンガポールに来るらしい。






ミャンマーからシンガポールまではLCCも出ているし、
沈没さえしなければシンガポールで合流できるかも!?
私だってみんなに会いたい!!








そのうちの一人、だま と密かに連絡を取り合い、
彼女たちがシンガポールを楽しんでいる三日目の朝、彼女たちのホテルで待ち伏せ。






そして、朝、彼女たちがホテルから出てきたときに・・・









えみりあ登場!!!!!!







二人ともちょーーーー驚いてくれ、
作戦大成功(笑)



そのうちの一人、さち なんて、驚きすぎて泣いてしまった(汗)。
「なんで!?ミャンマーにいたんじゃなかったの?シンガポール間に合わないって言ってたじゃん(号泣)」

s2014P1121002.jpg



えへへ。
75%無理だと思っていたけど、
残りの25%で来ちゃいましたぁ~(笑)



ゆっきー も相変わらずの優しい笑顔で迎えてくれて、すごくうれしかった。

s2014P1110960.jpg










皆とは、二日間一緒に遊んだ。







長期旅行だと、非日常が『日常』になってしまう。
でも、彼女たちにとっての海外は『非日常』だ。
だから、私が気付かないこともたくさん気付く。

だから、それ自体が私にとっては『非日常』であり、はっとさせられることも多かった。
当たり前になること・見えなくなること・慣れること・・・
人は変わりゆくものだし順応しようとするものだから、それらがダメとは思わないけれど、
色んな角度から、いろんな気付きをするということや、自分とは違う角度から見る人の存在って大切だな。

s2014P1110933.jpg



普段の旅ではしないようなこともいっぱいした。
ショッピングだったり、

s2014P1120985.jpg

お茶したり。

s2014P1120987.jpg


集合写真撮ったり。

s2014P1120977.jpg

もちろん、大都会・多民族国家であるシンガポ―という国も
全力で楽しんだ!!

s2014P1110955.jpg

s2014P1110928.jpg

s2014P1110936.jpg

s2014P1110948.jpg

s2014P1120982.jpg

s2014P1120973.jpg

s2014P1120999.jpg

s2014P1120998.jpg


ここまでの全力投球って、久々かも知れないってくらい、
朝から晩まで観光して、
朝から晩までおしゃべりして、
朝から晩まで笑った。



s2014P1110971.jpg


シンガポールの物価の高さは、ある程度覚悟していたし、
短期の友達との合流だから、今までのように貧乏路線を突き詰めてあまりにもケチケチするのはやめようと決めていた。


すべては想定していたこと





・・・のはずだった。




s2014P1121006.jpg



でも、身に染みついたものはなかなか抜けない。


s2014P1110968.jpg







最後の最後で、リバークルーズ船に乗るのをためらってしまった私。




そんな私なのに、皆は、





『ちょっと早めの誕生日プレゼントだよ』
『なにより、日程を調整してくれて、ここで合流することができたのが一番うれしいんだから、最後まで一緒に楽しもうよ』

って言って、チケットをプレゼントしてくれた。


感動して泣きそうになってしまった。


いや、半分泣いてた、こっそり。




s2014P1121025.jpg

s2014P1121029.jpg

s2014P1121038.jpg

s2014P1121044.jpg


たまたま船の上から噴水ショーも見れたし、

s2014P1121046.jpg

s2014P1121050.jpg




なにより、皆と過ごせたこの時間が、心から幸せだった。








でも、

後悔!!後悔!!後悔!!

皆の楽しい時間も、一瞬にして壊してしまったんじゃないだろうか、そう後から何度も後悔した。
15ドルのチケット代を、どうして土壇場になって尻込みしてしまったんだろう。




気の知れた仲間。
家に帰って来たみたいな感覚で、旅っていう緊張感からも、ほんの一瞬だけでも逃れることができた時間すらあった。

旅に出ている間、ずっと忘れていた感覚の一つだった。


そこに甘んじてしまっていたことは否めない。









みんな、ごめんね。







それでも、2年以上旅していても、ちゃんと待っていてくれる人がいるんだということが嬉しかったし、
2年以上旅していても、変わらないものがあるんだということが嬉しかった。






本当にありがとう。








皆に内緒で連絡を取り合ってくれた、だま は、
わたしがお願いしたガイドブックを持ってきてくれ、カーデガンやブラウスも提供してくれ、
更に重い、私のたまりにたまった日記帳も、日本まで預かってくれることになった。

s2014P1120983.jpg




皆も、『合流するってわかっていたらいろいろ持ってきたのに』って、
もう帰るだけだからと、
ポケットティッシュや、風邪気味だった私のために日本の風邪薬やマスクや、いろいろ譲ってくれた。

s2014P1110970.jpg

それらももちろん嬉しかったけど、
彼女たちの気持ちが、本当に嬉しかった。







短期での旅の仕方と、私のような長期では旅の仕方は全然違う。
お金の使い方も、時間の使い方も、物の見方も、移動の仕方も違うことが多い。

服装だって、長期の旅人には
『えみりあさんって、長期旅行者っぽくない格好ですよね、日本でも通用しますね』
なんてよく言われたけど、
やっぱり、日本の中では浮いてしまう恰好なんだろうな、と客観的にみて初めて感じた。

それでも、文句ひとつ言わずに、長期旅行という私のスタイルを理解してくれ合わせてくれたみんな。

本当に嬉しかった。


s2014P1110942.jpg


長期旅行が恥ずかしいと思うわけではない。
長期旅行がみすぼらしいと思ってるわけではない。



でも、お互いの旅のスタイルを理解し合うのは、決して簡単なことではないと思う。


長期旅行者同士、バックパッカー同士ですら個々のスタイルは違うから難しいと感じることはある。




彼女たちとの二日間は、
私にとって本当に大切な時間だったのは、間違いないことだ。

s2014P1110946.jpg


帰国したら、また9人で集合しよう!!
スポンサーサイト

[2014/01/29 02:32] | シンガポール
トラックバック:(0) |

もちろん!
梨乃
よろこんでー!
お互い元気にがんばろうね(>∀<)


だま
もちろん!いつの間に8年もたってたの~!?ってくらい、変わらないよv
待ってるから、元気に帰ってきてね。


まり
えみっちもみんなも元気そうで何より!いい話やねー!

Re: もちろん!
えみりあ
≫りのこ

コメントありがとう。遅くなってごめんね。

会える日を超楽しみにしてまーす!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫だま

コメントありがとう。遅くなってごめんね。

8年、あっという間だね。全部昨日のことみたいやもんね。
元気に帰るので、また再会楽しみにしてまーす

Re: タイトルなし
えみりあ
≫まりまり

コメントありがとう。

怪我なく、病気なくも元気にやってるよー。いつもありがとう。


コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。