東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSC02770.jpg


DSC02744.jpg


DSC02344.jpg


DSC02539.jpg


DSC02606.jpg


DSC02645.jpg


DSC02447.jpg


DSC02255.jpg


DSC01848.jpg


DSC01952.jpg


DSC01454.jpg


DSC00982.jpg


スポンサーサイト

[2012/02/15 08:56] | 南極
トラックバック:(0) |
でも、そんな楽しい日もずっと続くわけはなく・・・。

ドレーク海峡の終わりは、南極ツアーの終わりを意味してるです。
あぁ、悲しい・・・。
いやだよぉー
下船したくないよぉー






船では英語かスペイン語が公用語。

説明も英語。
参加者との会話も英語。
もちろん、ネイティブも多い。


英語があまりできず、
直前まで日本人宿でぬくぬくしてしまっていた私には
ちょっとばかり辛い環境でした。

日本人参加者は、私を含め3人。
オアシス的に癒されました。
特に一番仲良くなった
さやかちゃん
DSC02927.jpg



はじめは気が滅入りそうになったけど、
文法も、単語も、発音もめちゃくちゃな私の英語力を咎めることなく
聞いてくれた人々に感謝。
たくさんの人とお話ししました。
文化や、発音や、考え方、習慣の違いなんかもちょっとだけ観察できて面白かった。



南極ツアー、ホントにいろんなこと考えさせられたし、
色んなこと経験できたし、
友達もたくさんできた。
クルーもみんな親切でいい人たちばっかりでした。

最後のミーティング、泣きそうになっちゃったよー。





私たちが行った時期は、ちょうどいい時期だったように思います。
ツアーの値段も少し落ち着き始め、
ペンギンの子育ても見れる。
もう少し遅い時期だと、ペンギンの子供の羽毛が中途半端に抜けてたり、体格も大きくなっているらしいです。

ちなみに、私が参加したツアーで上陸したのは
南シェラトン諸島と南極半島の一部まで。
ペンギンは、
マイペースな アデリーペンギン
DSC01381.jpg


人懐っこい ジェンツーペンギン
DSC01303.jpg


(見方によっては)ニヤリと笑った顔にも見える チェンストラップペンギン
DSC00993.jpg

の三種類の生息地を訪れました。

皇帝ペンギンやマカロニペンギンも見てみたかったけど見れなかった…。





南極行ってよかった!!!




そう心から思ってます。


そう思わせてくれる場所と、ツアー内容と、メンバーでした。


さぁ、移動だーっ

[2012/02/15 07:14] | 南極
トラックバック:(0) |


GOMAKI
凄い素敵な経験をしたね~
南極の船旅なんて、今まで考えたこともなかったけど、
えみちゃんのブログのおかげで
だいぶ気になるようになっちゃった。。
素敵な体験談をありがとうっっっ

マジで羨ましいっっ!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫GOMAKIちゃん

ありがとう。
私も、南極行けてよかったなぁってずっと思ってるよ。
何度もあきらめかけたけどね。
色んな人に応援してもらって、相談乗ってもらって、そういってもらえる経験ができてうれしい。
まきちゃんも、楽しんで、思いっきり!!!


コメント:を閉じる▲
最後のランディングは、天候が悪くキャンセルになっちゃって
天気のことで仕方がないとはいえ、
なんとなく煮え切らない気持ちで
ウシュアイアに向けて戻る日が来てしまった。


そう、あの、
『ドレーク海峡』をまた船は行くのです。


冬眠するクマ生活の幕開けか。


行きは、思ったほど揺れなくて、
世界一揺れるってのは、こんなもんか・・・と思ってたけど、

実は、帰りのほうが揺れが大きかった。




食事に来る人も半分くらい。
中座する人も結構いた。

リビングにいても、朝から晩まで静まり返ってて
ソファーで横になったり、
音楽聞いてたり
みんな表情も硬いし、
話し声も全然しない。
ランディングの時のテンションは微塵もなかった。
みんな死んでる・・・。
お通夜みたい・・・。



揺れは高さ20メートルに及ぶこともあるらしく、
外(デッキ等)への出入りが一切禁止された。
食事中、食器や料理やフォークが空を舞った。
リビングのちゃぶ台みたいなローテーブルがひっくり返った。
お茶やコーヒーもひっくり返ってソファーに座ってた人がびしょ濡れになった。
拭こうと思ってナプキンを取りに向かったら、また大揺れが来て
歩くことも立つこともできなくなって、柱にしがみついて座り込むしかできなかった。


船がひっくり返ってタイタニックみたいになるんじゃないかと何度も思った・・・。


確かに、行きとは比にならないほど揺れは大きいけど、



私は薬の効果もあって、比較的調子よく過ごせてた。
行きとは違う薬を飲んでたので、それが私には合ってたみたい。

おかげさまで、今回の船旅で、
鬼太郎袋のお世話になることは一度もなく、
ご飯も毎食欠かさずしっかり食べれたし、
リビングでパソコンと向き合ってても大丈夫だったかな。
寝る時間はやっぱり少しだけ増えたけど。


まる二日間、エンドレスで遊園地の絶叫系に乗り続け、
バイキングの上でご飯を食べるなんて経験はめったにできないから
逆にいい経験だなぁなんて呑気に考えられる余裕があった。

人生に一度のいい経験になった気さえしてる。

ちなみに、今の時期が、南極ツアーのベストシーズンなだけではなくて
ドレーク海峡的にも落ち着いている時期らしい。

けど、もうしばらくは、絶叫系、乗るのはご遠慮やな(笑)。

[2012/02/15 06:46] | 南極
トラックバック:(0) |
今は、南半球は夏です。
でも当たり前ですが、南極は寒いです。
どれくらい寒いかというと、

DSC02405.jpg

これくらい。



DSC01871.jpg

これくらい。



DSC01188.jpg

これくらい。



DSC02261.jpg

これくらい。





氷河が崩落して
欠片が海水に溶けずに波に乗り、
海岸に打ち上げられても
なかなか溶けないくらい。

これくらい厚着しないとやばいくらい。
歩く姿はペンギンと言われましたが、寒さにはかないません(笑)。







けれど、この島は違いました。
まず、雪がほとんどない。
DSC02895.jpg



穴が開いてて
DSC02886.jpg


そして、海岸から湯気が・・・。

(この後、寒すぎて写真撮るの忘れた)





この島、火山です!!!

波はもちろん冷たいけど、海岸があったかい。

日本人としては嬉しいっす。
私も大興奮して南極温泉入りましたが、



入ったが最後、
湯から上がるのが地獄です・・・。
寒すぎるーーーーーーっ


ちなみにこの日、
風も強く、
雹が降ってました・・・。

南極で温泉なんて、大興奮じゃないですか!!

インド人もエンジョイ!!

[2012/02/15 06:28] | 南極
トラックバック:(0) |
ネコハーバーに行きました。
あいにくの雪。
吹雪くと寒いっす。

でも、景色は抜群!!!

DSC02344.jpg

DSC02354.jpg

DSC02276.jpg

DSC02307.jpg




氷山と氷の欠片が織りなすこの景色。
晴れてたらもっとキラキラしてたんだろうけど。


でもこの景色見たら、心の底から
南極ツアー参加してよかったなぁ
って思った。


私的にはここが南極のハイライト!!!

[2012/02/10 21:59] | 南極
トラックバック:(0) |


mary
青の氷山が素敵だねー( ´ ▽ ` )ノ行けて良かったね!つぎはどこいくのぉーッッ?

Re: タイトルなし
えみりあ
≫mary

氷も雪も白いのに、氷山は青く見えるから不思議だよね。
次は、いよいよイグアス!!
リアルタイムではもう別のところに来てしまいましたが、頑張ってブログアップします!!

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。