東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらの記事もあわせてお読みください。
  犬に噛まれた!!
  犬に噛まれた②
  犬に噛まれた③






入院した日から3日後。
狂犬病暴露後接種2回目のこの日。





前回、病院で一回目の接種後、2回目のワクチンはここで受けますか?って聞かれた。
でも、予定が確定していなかったので、『どこで受けるかは、まだわかりません』って答えた。

まだプラハに滞在していたこの日の前日の晩、保険会社に電話してどこの病院に行けばいいのか確認。
でも、『明日ご連絡します』と言われた。




翌日、保険会社に確認すると、

『前回の病院ですでに予約されていたようですけど・・・』




って、そんな話知らないしー。
病院のスタッフ、そんなこと一言も言ってなかったよーっ



その病院の対応時刻に間に合わなかったため
別の病院を紹介してもらった。


今から1時間後の予約。



そもそも保険会社から紹介される病院ってのは、郊外(観光の中心地から離れている)にあることが多く、
実際にどれくらいの距離があるのかわからず、交通機関の運行状態も分からない、その地に不慣れな旅行者に1時間で行くっていうのは、

これしか残された道はないのであります。





必殺タクシー!!






保険で降りる(はず)だからいいけど。






タクシーつかまえて行ってもらう。



びゅーーーーーーーん








20分後、ここだと降ろされた病院の窓口へ。


えみりあ:予約したえみりあですけどー
受付嬢:え?
えみりあ:え?





ここじゃないーーーーーっ(涙)!!!





正しい場所はここから1キロほど離れたところらしい。




ちょーーーーーーーっっっっとーーーーーー!!!!!




もうタクシーどころかバスも車さえも走っていないので、
自分が走るしかないっ





炎天下の中、猛ダッシュ!!!


予―約―にー遅―れーる――――








全身汗まみれ。
ぜーはーぜーはーしてなんとか受付しますた。









約束通り、ぶちゅっと一本注射して終わりやった。

心配していた眠気はかけらもなく、


ピンピンしながら宿へ戻った。







つづく。
スポンサーサイト

[2013/06/26 21:55] | チェコ
トラックバック:(0) |
私たちがプラハ到着した一週間くらい前に、プラハを流れるブルタヴァ川の洪水があったみたいで、被害もかなりあった模様。
到着してからも少し雨が降ったりしてたので、また洪水になったりするのかなと心配したりもしてたけど、
街は水も引いてたし、
地下鉄や橋も一部封鎖されていたところはあったけど、ブラハ到着翌々日にはほぼ回復。

P6114696.jpg





カズさんはプラハは二回目だそうで、
いろいろガイドしてくれた。










まずはカレル橋

P6114694.jpg


色んな銅像が建っている。
中でも有名なのがこれ。

P6114699.jpg

触ると幸せになれるるんだとか。
私もあやかっといた。

P6114697.jpg







旧市街はちょっとだけ迷路みたいで、
カズさんのiPodtouchの地図が大活躍。
いまどきこーゆーの必需だよなぁ。






教会はゴシック調の建物と

P6114720.jpg


タマネギ教会が混在。

P6114722.jpg


西ヨーロッパの文化と、ロシア文化の交差点・東欧を強く感じる。








シナゴーグも立派。

P6114742.jpg

そういえば今までの国で見てきたシナゴーグはどれもひっそりと建っていた。
ここ旧市街はユダヤ人街に位置する。




そして『プラハの春』の舞台になったところ。

P6124749.jpg

ここでバグパイプでamazinggraceを演奏している人がいてなんか思わず足を止めたくなった。

P6124748.jpg



ブラハの街はやっぱりスペインとは雰囲気も違う。

P6114711.jpg

P6114738.jpg

P6124751.jpg

P6134837.jpg






そしてプラハ城

P6114700.jpg



ゴシック調の教会は、年季を感じる。
街の古い塔なんかもそうだったけど、黒くなった建物は歴史を感じるなぁ。
同時に威厳も感じる。

P6124786.jpg

P6124762.jpg


P6124778.jpg


中はステンドグラスがきれい。

P6124771.jpg

P6124766.jpg



ブラハの街は、観光客であふれかえっていて、
韓国人ツアー客の多いこと!
もちろん日本も。



この日は、おにぎりを持ってきて、カズさんとピクニックしましたー。
たのしい。

P6124814.jpg

P6124819.jpg






プラハは『千塔の街』って言われてて、それくらい塔がニョキニョキたくさん建っている。
うーん、千は行かないかな。

P6124796.jpg



でも、オレンジ屋根の街並みっていいね。

P6124793.jpg

P6124798.jpg


プラハにひとりでなくてよかったと心から思った(笑)。

[2013/06/26 21:45] | チェコ
トラックバック:(0) |
プラハには人に会いに来ました

しかも男性ですよ。






ふふふ。








しかも、この旅で一番会いたいと思っていた人かもしれないです。









ふふふふふ。
















旅に出る前、当然だけど、不安でいっぱいだった。
自分には未知の世界すぎて、めちゃめちゃビビってた。






不安を消そうと、旅をしている人のブログや本やいろんなものを見てはいたけど、
至った結果が、『世界一周を現在進行形でしている人とつながりたい!』

未知から間接的にでも知っているものがあることでずいぶん不安が和らいだことを覚えている。





この彼に一方的にメールを送り、旅の不安や、いろんなことを話し、アドバイスをもらい、
FBで友達になってもらった。




私も旅がスタートし、いつか旅の途中で彼と実際に会って話がしたい。



そう思うようになっていた。

実際に会う事が、私の旅の大きな岐路になるような気もしていた。









私は東回り、彼は西回り。




彼は私よりも半年以上早くアフリカをまわっており、次は南米に行こうかなーなんて話も聞いていたので、もうこのこの旅では追いつけないかもしれないと思っていたけど、
彼が西アフリカをまわり、その後ヨーロッパを再びまわり始めた。


そのころ私は南アフリカ。
この後はトルコから東へ。

彼はヨーロッパの後、アメリカ大陸へ行くだろう。




ならば、モロッコからトルコに入る途中しかもうチャンスはない!!!






初めてメールを出した時のように、ラブレターを渡す少女のように、ドキドキしながらメールを送った









『会いたいです








『いいてすよ』と気さくな返答がすぐに帰って来た。
それから、いつ、どこで会うかという連絡を取り合い、




プラハで会うことになったのだ。



これぞ、プラハの春。




意味違うけど。













『世界ウォーカー』のカズさんです!!!


P6134848.jpg

彼の名言:『チキンは裏切らない』







会った日、私は狂犬病の追加接種のため病院に行くことになり、

でも、着いてきてくれて、
そのまま入院することになったけど、
嫌な顔一つせず、お大事にって言ってくれたカズさん。



めっっっっっちゃ嬉しかったです。







しかも、この日はカズさんの旅に出て1300日目
1300日だよ!!!
すごい!
しかもそんな素晴らしい日にお会いできるなんて!!!って感動していたけど、
結局入院という事態がそれを許さなかった・・・






きーーーーーーーっ!!!
くやしい!!!
カズさんごめんなさい。






心優しいカズさん、お祝いは翌日に回してくれた。
1301日目になっちゃってごめんなさい。



記念日にはいつもごちそうを食べるというカズさん。

この日は、ミックスグリルとチェコビールとワインで乾杯。
すごくおいしくて、大盛りでおなかいっぱいで、マジで苦しかった・・・。

P6114687.jpg


カズさんおめでとうございます!!!


P6114690.jpg




カズさんと会えたことが私の旅の大きな通過点になっていると思います。
たくさんの旅の話をすることができて楽しかった。

これからも私は私の旅を突き進んでいこうと思います。

[2013/06/17 05:29] | チェコ
トラックバック:(0) |

ありがとう‼
カズ
いや〜こんな大々的にブログに載るのは恥ずかしいなぁ〜、こんなことなら散髪とか行っときゃ良かったf(^^; 記念日の豪華な食事が自炊ってのも恥ずかしいけど、楽しかったねー‼いや〜本当わざわざ有難うね、また良い旅続けてね^^

Re: ありがとう‼
えみりあ
≫カズさん

返信が遅くなってすみません。
こちらこそ会ってもらえてうれしかっです。すごく楽しかったし。
カズさんもよい旅を!!
またいつかどこかで会いましょう!

コメント:を閉じる▲
犬に噛まれた事件の続きです。

こちらも参照
  犬に噛まれた!!
  犬に噛まれた②









次の町、チェコのプラハに着いた。
到着してすぐに保険会社へ連絡。

保険会社には、スペインでは全く狂犬病のワクチンが打てなかったこと、チェコに行くということは連絡していた。






スペインでこれだけ狂犬病のワクチンが手に入らないところを見ると、
スペインは狂犬病の蔓延率がほぼゼロなんじゃないかと思うのですが、
保険会社が言うには、「海外で犬に噛まれた場合、日本で事前接種していても2~3回のワクチン接種が求められてます」とのこと。
大事に大事を重ねて。
何気に飼い犬かどうかも分からんし。
あの犬が狂犬病持ってたかどうかなんても分からないし。








医療通訳さんが来てくれることになった。
彼女の話によると、チェコでは狂犬病はまれな感染症だけど、チェコ人は犬に噛まれたらまず病院に行きワクチンを打つのは一般的なことなのだという。
なので、この病院もその対応は非常に手馴れていた。







しかし、狂犬病のワクチンは非常に強い薬らしく、副作用が出ることもあるので











一晩入院してください。












と。











ま・じ・?














日本の予防接種の時みたいに、一本ブチュッと打って終わりだと思っていただけに
予想外の展開に驚きを隠せない。









結局、もちろん入院して打ってもらうことにしたんだけど、
強い薬なだけに、数回に分けて少しずつ打つ。

両腕とおしりに時間差で打たれる。






これが痛いんだ―っ!!






しかも、病室のベッドにカーテンなんてないから、同室の人に私のかわいいお尻が丸見え。



乙女心はまだ捨てちゃいないよ!!
でも、スクリーンくらいは用意すべきかと思うのですが。











そして、実は夕べからせんべいしか食べてなくて、水も飲んでなくて、
それでこの日の初めてのご飯=夕食がこれ。


P6104678.jpg


パンに、ハムに、りんご・・・。


日曜日は簡単に済ませる日らしい(惜しいことをした)







いや、立派な病院に無償(保険)で入院させてもらえ(立替だけど)、
ふわふわのベッドで(夕べは空港のベンチで横になれないまま空港泊)寝れて、
お茶まで出てくるし
ご飯まで出てくるし、
パジャマも洗濯しなくていいのは、
感謝せねば(涙)。







注射を数本打って、ご飯を食べたら、
薬の作用からか、
移動の疲れと睡眠不足からか、
モーレツに眠くなって、




夕方6時から翌朝8時まで爆睡。




でも、朝は全然起きれなかった。




看護婦さんが夜中に巡視に来ていたのかどうかも知らない。

寝る前はあと一本注射が残ってるって言われたけど、それを打ったのかも知らない。











でも、チェコは、狂犬病の対応がしっかりと整っているということを実感。
中欧ヨーロッパは、ヒトの狂犬病の発症例がごくわずかながら報告されている(らしい)だけあって、
対応がマジでしっかりしている。


でも、医師の診断書には、『全5回のワクチン接種が必要』って書いてあった。
日本で事前接種をしていても暴露後の接種はしないといけないのは同じだけど、
その回数に差があるからね。
この辺は国の見解の違いなんでしょーか。




もしも狂犬病ワクチンを求めるなら、
そういう国に行ってからやるといいかも。

そして旅程に余裕を!




というわけで、無事に記念すべき第一回目の暴露後接種は完了。




つづく。

[2013/06/17 04:59] | チェコ
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。