東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウガンダとルワンダの国境の近くにある、ブニョニ湖に来た。



標高が少し上がったのか、朝8時というのに、寒くて震える。







ブニョニ湖は世界で三番目に深い湖なんだってさ


湖に浮かぶ島の宿に向かうには、
カヌーをこいでいかなくちゃいけない。


P2170794.jpg



でも、のんびり行こう。


P2170788.jpg




景色もいいし。


P2170789.jpg




自然は裏切らないねぇ。










結局ここは一泊しかしなかったけど、
とってものんびりしたいいとこだった。


ご飯もおいしかった。



そうそう。

ここではザリガニが食べれる。
アメリカ以来のザリガニ。
あの時よりもおいしかったなぁ。


DSC06213.jpg
Photo by Juri


のんびりして景色見てのんびりするだけのところだったけど、
ホントにいいとこ。


DSC06207.jpg
スポンサーサイト

[2013/03/05 23:13] | ウガンダ
トラックバック:(0) |
日本を出て、旅をして、
特に『発展途上国』と呼ばれるところを旅していると
誰でも一度はぶつかるであろう壁がある。





『貧困』『発展途上国』『物乞い』『ストリートチルドレン』『死亡率』『病気』『識字率』『裕福』『幸せ』・・・。




色んなキーワードが頭の中をぐるぐる回り続ける。




答えは出ない。


いつまでたっても答えは簡単には出ない。


いつまでたっても『正解』にたどり着けない。






旅をしていて、いいことばっかりじゃない。
辛い現実を知ることだって実際なんどもあった。














早朝、カンパラの町を歩いていた。

登校中の子供たちにたくさん会う。

一軒の大きな小学校の前で足が止まった。

先生と思われる門の前にいた男性に声をかけた。

『子供たちに聞いてみたいことがあるの。』

男性は、この学校ではちょっと難しいけど、僕はこれから別の小学校に行くから、そこで聞いてみるかい?と言ってくれた。

それにお願いすることにした。




P2130769.jpg


連れて行ってくれたのは、決して裕福とは言えない地域の小学校。
彼は、実は教師ではなく、警察官だった。
彼は、警察官という立場で、各学校の教員に対して子供の安全を確保するためのセミナーをしに巡回しているのだという。






学校に着くと、ガイジンが珍しいのか、小さな子供たちが教室の窓越しに興味津々に私に手を振ってくれたり、笑顔を振りまいてくれた。



しばらくして、校長先生が、なんと全校生徒を校庭に集めてくれた。
突然の訪問なのに。



そして、私は子供たちに質問を投げかけた。









『この国、好き?』
もちろんだよ!だって僕の国だよ!!


『この国にもっと裕福になってほしい?』
yesと答えたのは1割。なんと、このままでいいと答えたのは7割の子供たち。


『貧しい人たちにお金や食べ物をねだられたら、どうする?』
お金や仕事や持ってるものであげられるものは可能な限りあげるよ。仕事や役割もね。そうすれば貧困をなくせると思う。


『RichとHappinessは同じ?』
ほとんど全員の子が違うと答える。


『じゃあ、幸せって何?』
お父さんとお母さんがいること。
家族がいること。
勉強ができること。
おいしいもの食べれるとき。
平和で明るい未来。
困っている人の手助けができること。
楽しくて、満足で、したいことがあること。
自分の人生を歩めること。


『今、幸せ?』
もちろん!!!


P2130755.jpg

P2130761.jpg

P2130767.jpg




どれもお金で勘定できることじゃない。
どれも最も身近にあり、当たり前のことばかり。

でも、当たり前すぎて忘れてた。気づかなかった。

輝く彼らの笑顔と、爆発しそうなパワーと、そして彼らなりに向き合っている現実とその未来、その彼らからもらったこれらのメッセージ。
そして何より、彼らの姿はとても頼もしかった。

大丈夫だよね。きっと彼らの未来は明るい。







答えは簡単には出てくれない。


答えは一つじゃない。


答えに正解はない。


そして、明日になったら答えは変わっているかもしれない。


それでいいんだ。





ただ、彼らは決して『かわいそう』なんかじゃない。










私の中の長く暗いトンネルの先に少し光が見えた気がした。

[2013/02/23 08:34] | ウガンダ
トラックバック:(0) |
宿から徒歩10分。


屋台のお店が並ぶエリアがある。
屋台っていうか、ローカルフードといった方がいいかも。
地元の人がいっぱい来るし。




P2110724.jpg

そこではチキンの炭火焼きとか、串焼きとか、ピラフとか、スープとかいろいろあるんだけど、






その中で一番おいしいのが、








ロレックス。











ろれっくす・・・???







うん、ロレックス。





でも、時計じゃないよ~






チャパティっていうパンみたいなクレープみたいなのに
野菜入りの薄卵焼きを一緒にくるくるって巻いただけ

P2120742.jpg




超シンプルなんだけど、すごくおいしい。







昼間はアボガドをのせてくれるお店もある。
野菜の量も言えば調整してくれるから、

おじさーん、キャベツたっぷりねー。アボガドもたっぷりねー


ってお願いすると、



あいよーってやってくれる。


うれしいね。


P2140776.jpg




これで50円





肝心のお味は、塩味で、
これにおたふくソースかけたら、完璧お好み焼き!!!!




速い・美味い・安い!!!


の三拍子。





おかげで毎日これ。









この国のパイナップルも完熟でおいしい。

かじると汁がじょぼじょぼでるくらい。


P2160780.jpg




あとね、この国はビクトリア湖っていう大きな湖からとれる魚も食べれる。









安くておいしい食にあふれたこの国、
緑も多いし、
人もとってもいい。
物価も安いし、
『アフリカのオアシス』って言ってもいいかもね。

ウガンダ大好き。

[2013/02/16 21:56] | ウガンダ
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
ケニアからウガンダに入った途端、緑の景色が一気に広がった。


赤土の道に茂る木々。


緑の国だ!!!


P2090641.jpg



そんなウガンダの見どころの一つ、シピ滝に行ってきた。

シピ滝には三つの滝がある。
そのうちの一番大きくて一番美しいと地元の人が教えてくれたところへ。





道なき道を歩き、切り立った山際を歩く。
ガイドを付けないと多分わからない道。

P2090642.jpg

P2090647.jpg



でも、景色きれいで、緑に囲まれてるから楽しい。


P2090663.jpg



でっかい木と斧を頭に乗っけて山を登るおばちゃん。

P2090657.jpg







シピ滝!!!

P2090677.jpg


規模は大きくないけど、絹糸みたいにスーーーっと一本の線で落ちる滝。
うん、きれい!!!!

P2090676.jpg

P2090694.jpg


心地よい音と風と水しぶき。


光と風によって一瞬たりとも同じ表情をしない滝。




生きて生かされるのは人だけじゃない。
この美しい景色が教えてくれた。


ここでも『地球』を感じることかできた。


いや、地球はどこでだって感じることはできるんだ。

[2013/02/14 07:13] | ウガンダ
トラックバック:(0) |


まり
ウガンダに、友達がすんでるよー!ごうださんってゆー、コーヒーつくってる人。ウガンダのコーヒーは美味しいらしい。まだウガンダであれば、ぜひ。天然カメレオンや!!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫まりちゃん

コメントありがとう。
残念ながら、もうウガンダでてしまったよ。。。
ありがとうね。またぜひ来たい国やなぁ。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。