東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなことを書くと、
人一倍心配性の母をはじめとして、
日本で待っていてくださる方々の心配をあおるだけなのではと悩みましたが、
旅というのは、ただ、楽しいもの・面白いだけではないと思うので、
いろんな経験や感情も含めてのことだと思うので、
あえて記載します。

先日、旅人の間ではとても有名だった世界一周中のご夫婦が、旅先で亡くなられました。
死因は、マラリア。
アフリカで感染し、南米で発症し、高山病と勘違いし海外旅行保険が切れていたために治療が遅れたそうです。
旅をしている今、全く他人事ではありません。
日本にいたって、絶対に安全なんて保障はないけれど、
海外で、まして治安や衛生環境が不安定な地域を旅することは、
そして、ひとりで旅をしているということは、
日本で生活することの何十倍も『安全』とは程遠い場所にいることは確かです。
それでも、見たい世界があって、感じたいものがあって、会いたい人がいるから旅に出ました。
自分の身を守れるのは、自分しかいないのです。
行くか、やめるか、判断するのは自分です。
情報収集し、GOサインを出すのは自分です。
過信しないこと、用心に用心を重ねること、どれだけやっても足りないことはありません。
本当は、「大丈夫」なんてないのかもしれません。

私は、少し前、メキシコシティーにいた時に体調を崩しかけていました。
寒暖差と、標高が高い場所であったこと、そして旅の疲れもあったと思います。
丁度その同時期に、訃報が走りました。
多くの方に、「無理しないで」「気を付けて」「誰かを頼って」「おかしいと思ったらすぐに病院へ行って」
と、メッセージを頂きました。
本当に魂に響く言葉でした。
ひとりでなんて旅はできません。
ひとりでなんて生きていけません。
ひとりでなんて何もできないのです。
頼ればいい、相談すればいい、協力すればいい。
今を生きるためには、
行きたいところに行くには、
夢を叶えるには、
それが必要なんです。

私は、一人で旅をしていますが、
決して独りで旅をしているわけではありません。
私には、日本で応援してくれ、帰りを待っていてくれる人たちがいます。
私には、旅先で知り合い、再会を楽しみにしている人たちがいます。
私には、いつか出会うであろう人たちがたくさんいます。
私は、その彼らと一緒に旅をしているのです。
私は、出発前の宣誓でもしましたが、
「必ず元気な姿で日本に帰ってくる」という約束を果たす義務と責任があります。
だから、私は『一人』だけど、『独り』ではないのです。
今回、その思いを再確認し、さらに強く持つことができました。

明日、私は、ベネズエラに行きます。
ゲートシティーは、危険都市と言われるカラカス。
その向こうにある、どうしても見たい景色に出会うために。
(誤解のないように加えておきますが、カラカスについたらそのまますぐに他の都市へ移動します。)
今は、いつもの何倍も、何十倍もシビアで慎重になっています。
今、このタイミングでこのような事件があったことは、
意味があったとしか思えません。
必ず、生きて日本に帰ります。
本当にその思いであふれています。

亡くなられたご夫婦とはお会いしたことはなかったけれど、
何度かブログは拝見していましたし、
いつかどこかでお会いできたらいいなぁと思っていました。
それはかなわなくなってしまいましたが、
彼らが教えてくださったことをしっかりと受け取り、
私の、
私たちの旅を続けていきます。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

[2011/10/16 09:32] | 未分類
トラックバック:(0) |


理恵
お互いまだまだ旅は続くけど絶対に元気に日本に戻ろうね。

Re: タイトルなし
えみりあ
≫理恵さん
そうですね。
またすぐに再開するはずですが、
必ず『日本で会いましょう』。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。